糖質制限レストラン エディションコウジシモムラ 六本木一丁目

北里大学 山田先生監修の 『奇跡の美食レストラン』 の中でも
以前から大変気になっていた、こちらのレストランに伺う事が出来ました

エディション・コウジ シモムラ

六本木一丁目駅から直結している六本木ティーキューブ内にあります

ビルの隅にひっそりと佇むこちら
気にも留めずに通り過ぎてしまいそうなエントランスです

IMAG3421

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMAG3422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低糖質メニューを展開する以前から、
こちらのお店は、生クリームやバターをほとんど使わずに仕上げたローカロリーな料理を提供するフ
レンチレストランとして名を馳せています

 

店内の様子

2013-0719-180057263

 

 

 

 

 

2013-0719-181313111

 

 

 

 

 

サーブの目が十分に行き届く広さで、ソフトな照明が輝く店内です

 

 

低糖質コース 
ディナー 21,000円 (サービス料別 10%)
要予約 (3日前から 1名より)

お値段がお値段だけに、一体どんな料理が出てくるのか期待と不安が入り混じります…
メニューや各料理ごとの糖質量が記載された表はありませんが、
最初に支給の方が、本日頂く料理を丁寧に説明して下さいました

 

お手ふき
ペーパータオルに水を滴らせる演出です

2013-0719-180018517

 

 

 

 

 

 

前菜
フランス産ササミ

7月の上旬にシェフがフランスに研修旅行をされたそうで
その際に、現地で見つけてきた食材だそうです

ピンセットのような道具を箸のように使って頂きました

2013-0719-181510589

 

 

 

 

 

2013-0719-180552886

 

 

 

 

 

 

プチトマトの下の黒い粒々はオリーブの葉
ペーパーを丸めた可愛い種入れの容器が付きます

2013-0719-181156351

 

 

 

 

 

 

 

パン
(こちらは普通の小麦粉使用)

2013-0719-182013624

 

 

 

 

 

ふすま粉のパンは、コース料理の風味やバランスを崩してしまうため
敢えて使用していないとの事でした

 

 

牡蠣のジュレ

2013-0719-182428426

 

 

 

 

 

軽く火を通した牡蠣をジュレと合わせ
酸味の効いたレモンのソースで頂きます

牡蠣はあまり得意ではありませんが、
あまりの美味しさにぺロっと頂いてしまいました

写真には掲載されていませんが、本来は牡蠣の下にムースが敷いてあります
アレルギーがあるため、乳製品は除いて頂きましたが、ムースがあった方が
断然味が引き立つと思われます
夏らしい一品で、これに引き続くプレートへの導入としては最高のスタートです

 

 

小柱とシマアジ キャビアとアンティーブ(チコリ)を添えて

2013-0719-183754475

 

 

 

 

 

2013-0719-183802482

 

 

 

 

 

小柱、シマアジの甘みのあるソフトな口当たりにアンティーブのシャキシャキとした食感は
口の中で極上の時間を紡ぎ出してくれます
牡蠣続いて、夏らしい清涼感溢れるお皿です

 

 

フォアグラとイカ、万願寺唐辛子のソテー
イカワタとパプリカのソース添え

2013-0719-184913140

 

 

 

 

 

イカの中にはブロッコリーが埋め込まれています

2013-0719-185104464

 

 

 

 

 

 

 

イカワタは臭みが無く上品な味に仕上がっていて、フォアグラとは最高の相性!

新鮮な驚きを与えてくれる一皿でした

 

 

蝦夷アワビ、舌平目ロール
アサリのエキスから取ったソースで

2013-0719-190145203

 

 

 

 

 

写真写りが悪いですが、一番右のアワビ
ナイフでスーッと切れる程に柔らかいです

添えられた刻み野菜ともマッチ
これ程までに柔らかいアワビは頂いた事が無いくらいです

 

 

鴨肉のロースト

2013-0719-191426190

 

 

 

 

 

てっきり、薄切りにされたスタンダードな鴨肉が出てくるのだとばかり思っていたのですが、
ブロックで提供されました

皮はこんがり、サクサクなのに、中の火加減は絶妙です
ソースもこってりしておらず、肉汁の自然な甘みが楽しめます

 

 

お口直し
赤紫蘇のアイスクリームと小梅のグラニテ

2013-0719-193009615

 

 

 

 

 

意外な素材が出てきました
シソのさっぱりしたグラニテでお口がリフレッシュできます

フワフワとした舌触りのアイスクリームは
卵白とゼラチンを混ぜる事により、マシュマロのような食感で、時間が経過しても溶けません

2013-0719-193202490

 

 

 

 

 

 

 

デザート 2品
1. 桃のコンポート スパイス添え

2013-0719-194016088

 

 

 

 

 

桃のコンポートにこんなにも沢山のスパイスが振り掛けられています
デザートにスパイスを使うなんて、型破りで面白いです

2013-0719-194030818

 

 

 

 

 

 

2. 桃のソルベ

2013-0719-194201404

 

 

 

 

 

可愛らしいですグラスでのプレゼンテーションです

2013-0719-195121609

 

 

 

 

 

 

 

 

本来は、ヨーグルトと桃のソルベらしいのですが、
こちらも乳製品アレルギーの為に内容を変更して下さいました

 

 

プティフール
焼き菓子とミニプリン

2013-0719-195213067

 

 

 

 

 

 

 

特性ハーブティー
様々な種類のハーブがグラスポッドに入っています

2013-0719-194806389

 

 

 

 

 

複数種類のハーブによって、味に奥行が出て、さっぱりとして美味しかったです

 

こちらのレストランのシェフはご存知 下村浩司氏

日本でも大変有名な方で、メディアにも度々登場なさっています
世界を股に掛けて仕事をなさっている方です
http://www.koji-shimomura.jp/profile/index.html

CapD20130724

 

 

 

 

 

終始一貫して、厳選素材本来の美味しさを引き出す素晴らしい料理たちでした

低糖質である事を忘れさせる位に、通常コースと何ら遜色がありません
食事を終えると、下村シェフ自らがテーブルまでご挨拶に来て下さいました

 

エディション・コウジ シモムラでは、
敢えて厳格な糖質制限食に拘らず、
誰もが気軽に、楽しく、美味しく楽しめるコースを心掛けているそうです

 

コースの大よその糖質量は把握しつつも、
素材が引き立つような、ヘルシーな調理方法を行い、
糖尿病などの方にはパンを控えて頂く事で、コース全体の料理を堪能して貰うコンセプトだそうです

 

敢えて、最後のプチフールに小麦粉を使った焼き菓子を提供しているのも
多種多様な食材、食感など、フルにコース料理を楽しんで欲しいからだそう

 

一部の限られた人だけに低糖質メニューを紹介するのではく、
エディション・コウジ シモムラが元来得意として来たヘルシー嗜好のフレンチの一環として
より親しみやすいメッセージを込めて、糖質制限メニューを提供しているそうです

 

エディション・コウジ シモムラのぶれない考え方に基づく低糖質メニュー

この考え方、大賛成です!

 

とかく低糖質コースは、
・ 特定の食事療法をしている人の物
・ 糖尿などの疾患を患っている人の為の特別コース

と、言った特別なイメージを持たれる事があります
しかし、万人が気軽に楽しめる低糖質コースがあっても良いじゃないですか

 

『ちょっとした美容やダイエット目的』
『人には内緒だけど、ヘルシーにローカーボでお洒落なフレンチを満喫したい』
『普段は糖質制限していないけど、偶には…』

色んなやり方、柔軟な考え方があってこそです

どれもが、正解なんだと思います

 

エディション・コウジ シモムラでは、
今後資生堂などとタッグを組んで、「糖質制限+ビューティー」 という切り口で
女性向けの新たなサービスも展開するとの事です

 

下村シェフはフレンチの世界では超売れっ子の方で、
各種メディアやイベント、他社とのコラボレーション事業においても引っ張り凧

 

こちらは、下村シェフが車内で提供するデザートプロデュースを手掛けた
JR九州「ななつ星」クルーズトレインのパンフレットです

 

JR九州 クルーズトレイン ななつ星 in 九州
http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/index.html

 

2013-0719-200700697

 

 

 

 

 

2013-0719-200717204

 

 

 

 

 

 

エディション・コウジ シモムラが目指す新しい視点から、
改めて糖質制限の可能性を再認識したディナーとなりました

 

アレルギーの方や正確な糖質量コントロールを必要となさる方は
事前にお店の方に相談してみて下さい

可能な限り対応下さると思います

 

大変人気店ですので、早目の予約をお薦めします
平日昼間のランチでも満席の為、数回予約を断念しました…

 

エディション・コウジ シモムラ
公式サイト:http://www.koji-shimomura.jp/
食べログ :http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13042074/

 

糖質制限レストラン アイコニック 銀座

六本木ボタニカを展開するひらまつグループが展開する
アイコニック東京・銀座にて、低糖質ランチのご紹介です

六本木ボタニカ日本橋チェレステ代官山ASO と渡り歩きましたので、
今回、アイコニックに訪れるに当たっては、最初から何の不安も心配もございません

アイコニックのウェブサイトでは、低糖質メニューを大々的に宣伝はしていませんが、
江部先生夏井先生あらてつさんのブログでも度々お名前が出されていますので
ご存知の方も多いと思います

詳細なメニューや糖質量は、直接お店にお問い合わせ下さい

 

銀座一丁目にある銀座ベルビア館 9F にあります
ロケーションは非常に便利で使い勝手も良さそうですね

 

 

ウェイティングスペース

 IMAG3392

 

 

 

 

 

店内の様子

ワインセレクトは充実しているようです

IMAG3394

 

 

 

 

 

開放的な店内は、各テーブルの間隔が広く、ゆったりと落ち着いてお食事が愉しめます

接待、記念日会食、デート、ビジネスランチにも良さそうです

 

 
低糖質ランチコース
昼 6,300円  (サービス料別 10%)

ボタニカのように、
メニューや各料理ごとの糖質量が記載された表はありませんでした

 

 

前菜  稚鮎のフリット

IMAG3397

 

 

 

 

 

 

ふすまパン

IMAG3396

 

 

 

 

 

 

 

フォアグラのソテー バルサミコソース

IMAG3400

 

 

 

 

 

 

しらすのスパゲッティー 酢橘の香り

IMAG3401

 

 

 

 

 

グルテン粉を使用した糖質の少ないパスタです
えんどう豆のグリーンが鮮やかな一品です

ボタニカで提供される物と同じパスタでした

ひらまつの低糖質コースは、パスタが最高ですので外せません

一般的に販売されてる小麦粉やグラム粉を使用したパスタよりも
ボタニカの特性パスタの方が断然美味しいと思います!

 

 

サーモン“時知不”のミ・キュイ
香味野菜とオレンジ風味のコンソメ

IMAG3404

 

 

 

 

 

軽く炙ってレアに仕上げたサーモンにコンソメスープを掛けて頂きます

IMAG3406

 

 

 

 

 

 

 

仔牛ロース肉のロティ シンプルなジューソース

IMAG3408

 

 

 

 

 

こちらも、頂く前に肉汁ソースを掛けて下さいます

IMAG3410

 

 

 

 

 

丸い形をしたのが仔牛肉です
歯ごたえがありつつも、マイルドな口当たりで美味しいです

 

 

デザート
チョコレートケーキ、プリン、ベリーの盛り合わせ

IMAG3411

 

 

 

 

 

 

生チョコ  コーヒー

IMAG3414

 

 

 

 

 

アイコニック シェフの方から直接お話しを伺う事が出来ましたが、
こちらでは、コースの詳細な糖質量は測定していないとの事でした

本日頂いたメニューは、食パン一枚分程の糖質量(23~26g)だそうです

 

最近は低糖質コースを注文される来店者も多いそうで、関心の高さを伺わせますね

 

ひらまつグループの揺るぎなさここにあり!

 

アイコニック
公式サイト:http://www.danddlondon.jp/iconic/index.html
食べログ :http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13038527/

糖質制限レストラン 菊乃井 赤坂

大正元年(1912年)創業
京都は東山に本店を構える、京懐石料理の料亭 菊乃井 に行って来ました

赤坂駅から徒歩5分程度

赤坂周辺のビル群に隠れるように佇むこちらの料亭
門構えは京都嵐山の竹林を彷彿とさせます

IMAG3311

 

 

 

 

 

 

 

 

IMAG3313

 

 

 

 

 

 

 

 

IMAG3314

 

 

 

 

 

 

 

 

この日、都内は猛暑でしたが
一歩石畳の中に入ると、涼しい風が竹林を通り抜け、
避暑地を訪れたかのような体感温度でした

 

店内の様

メインカウンターからは中庭が望めます

2013-0717-132201789

 

 

 

 

 

奥のテーブル席には、中厨房があります
掘りごたつ式のカウンター席の他、テーブル席もあります

2013-0717-115753793

 

 

 

 

 

 

2013-0717-115940578

 

 

 

 

 

 

中居さんではなく、修行中の若い板さんが接客、配膳して下さいます

初々しく、清々しい丁稚の方々ですが、何分二十歳そこそこの男の子達ばかりですので、
重要な接待や会食なので失敗は許されない! という利用シーンでは、

予めお店側に確認した方が良いかもしれません…

 

先ずはお神酒から
一口頂いた頃合いを見計らって、飲み物の注文が取られます

お料理は全て、木の盆の上に配膳されます

 2013-0717-115722340

 

 

 

 

 

コース内容

低糖質コース 昼 10,000円(サービス料別 10%)
*要予約 (3日前から 1名から)

 

7月は、京都で祇園祭が開催される時期です
店内には祇園祭りの 「コンチキチン♪」 というお囃子が流れ、
提供されるお料理も、祇園祭りに見立てた趣向です

お品書きや料理ごとの糖質量が記載された表はありませんでした

 

雲丹豆腐

IMAG3320

 

 

 

 

IMAG3319

 

 

 

 

ふわふわのお豆腐の上に雲丹が鎮座しています
山葵の辛さが全体の味を引き立て、凛とした味わいです

 

 

八寸 (白瓜、胡瓜の甘鯛巻、常節、穴子など)

IMAG3323

 

 

 

 

IMAG3325

 

 

 

 

祇園盆の上に乗せられた笹は、京都八坂仁社 茅の輪くぐり に見立てた飾りです

目にも美しい一品ですが、お味も最高でした
上品な京都風の味付けですが、素材の旨さが十分に引き立っています

 

小鉢の白瓜は雷干しにした物です

雷干とは、瓜類を螺旋状に切り、干して調理するやり方とのこと
適度に水分が抜けて、パリパリと歯触りの増した瓜の大きな音がする事から
雷干しと呼ばれるようになったそうです

白瓜雷干
http://ebi.weblike.jp/?p=50

 

お造り
天然鯛、鱧(梅肉)

IMAG3328

 

 

 

 

 

冬瓜饅頭

IMAG3330

 

 

 

 

冬瓜の中には、海老をすり潰した物が入っています
木の芽の風味が効いて、とろみが付いたお汁が美味です

IMAG3332

 

 

 

 

 

琵琶湖産 鮎

炭火で焼く前の生きたままの鮎を
テーブルまで持って来て見せて下さいます

生きが良くて飛び出そう…!

IMAG3321

 

 

 

 

鮎は全長が大ぶりになると骨が太くなり
頭からかぶりとする事が難しくなる場合があります

こちらでは、丸ごと食べられるように、敢えて小ぶりな鮎を選別しているのかもしれません
桜木のチップで燻され、四角い七輪のままテーブルに運んで下さいます

IMAG3341

 

 

 

 

IMAG3337

 

 

 

 

 

 

明石の鯛 七宝蒸し

IMAG3342

 

 

 

 

鯛のお頭が入っています

IMAG3343

 

 

 

 

身がプリプリして美味しかったですが、付け合せのポン酢は飛び切りの美味しさです
こんなポン酢は初めて!と思う位に、コク、まろやかさ、旨み、酸味と薬味のバランスは最高です

 

 

ご飯に見立てた寒天

IMAG3347

 

 

 

 

粒々した小さい寒天です
こんな種類の寒天があるなんて初めて知りました
(棒状の寒天を刻んだ物ではないです)

お椀には、ほんの少しだけ白米が混ぜられていました

お茶漬け感覚で、塩昆布やお新香を入れて頂きます

IMAG3348

 

 

 

 

プチプチとした食感が楽しく、香の物との相性も抜群です
寒天でここまで代用できるのかと驚きました

 

デザート
パルスイートで作ったミントアイスクリーム&メロン

IMAG3350

 

 

 

 

以上8品

十分過ぎる程の満腹感、満足感が得られます

 

お店のご主人に伺った所、管理栄養士とメニュー相談はしているものの、
詳細な糖質量は測定しておらず、
感覚的に糖質量○g以内… という事も特に意識はしていないそうです

 

ただ、素材や味付けその物を加味し、出来るだけ血糖の上がらない、
糖質が少ない物、調理法を吟味して行っているそうです

糖尿病を患っている方、厳格な血糖コントロールをなさっている方で
詳細な糖質量を把握なさりたい方は、事前にお店に問い合わせされる事をお薦め致します

 

東京にいながらにして、
京都の老舗料亭の味を「低糖質」という側面から満喫出来る素適な空間です

 

同類の素材が使い回しされている点が少々気になりますが、
全体的なボリュームを見れば、コストパフォーマンスはまずまずでしょう
特別なイベントにも頼りになる老舗料亭です

京都の本店も機会があれば訪れてみたいです

 

菊乃井
公式サイト:http://kikunoi.jp/store/akasaka/
食べログ :http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13002514/

糖質制限 レストラン ラノー・ドール 四ツ谷三丁目

四ツ谷三丁目にある隠れ家的名店 ラノー・ドール にお邪魔してきました

こちらのシェフは、渋谷区松濤「シェ松尾」 にて5年ソシエ(男性のソース専門調理係)を務めた方だそうです

1989年 下北沢に「シェタニ」を独立オープン
14年間完全予約制でソースのおいしいきめ細やかな料理を提供

2005年 ラノー・ドール』=”金の環” としてお店を四ツ谷に移転

以来、2008年~2013年 6年連続で「1つ星」を獲得!
来店前から胸が高鳴り、グッと期待値が上昇します

 

ロケーションは、丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩5分程度
韓国大使館の隣のビルの地下1階にあります

IMAG3285

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスでは天使達がお出迎え

IMAG3304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内は白を基調としたインテリア
席数は14席と隠れ家的で大変居心地の良い空間です

2013-0715-115255933

 

 

 

 

 

IMAG3303

 

 

 

 

 

和洋折衷の絵画が壁に飾られています
互いが主張する事なく調和し、お店のセンスを感じます

2013-0715-115529682

 

 

 

 

 

 

厨房はご主人が一人で切り盛りし
奥様がサーブして下さいます

2013-0715-115301026

 

 

 

 

 

 

コース内容

低糖質コース ランチ 10,000円

メニューや料理ごとの糖質量が記載された表はありませんでした

 

幻の卵の半熟蒸し トリュフとフォアグラのソース

IMAG3287

 

 

 

 

1皿目から衝撃が走りました!
濃厚な卵とトリュフ あまりの美味しさに感動しっぱなしです

こちらのスペシャリテで、来店した際にはオーダー必須の一品です

食べログの口コミに、
トリュフ卵で感動して、その余韻でデザートまで行く感じになる
という書き込みがありますが、正にその通りです

 

阿寒湖のマス

IMAG3289

 

 

 

 

少しグリルしてあるようですが、ほぼ生に近い食感です

兎にも角にもソースが絶品
多種多様な調味料が使用されているようで、幾重にも重なった深い味わいが楽しめます

スライスアーモンドのパリパリした食感とレアに近いマスの口当たりは癖になります

 

仔牛のソテー

IMAG3290

 

 

 

 

IMAG3291

 

 

 

 

 

生後2,3週間しか経過していないという仔牛肉
“ミルクフェド”と呼ばれ、まだ草を食む(はむ)までに至っていない
母牛の母乳だけで育てられた仔牛肉だそうです

歯ごたえはどこまでも柔らかく、臭みが全くありません

タンパク質の立体構造のしなやかさは極上級です

シェフ自らが料理を運んで下さり、お客の目の前で肉汁ソースを掛けて下さいます

 

 

お口直しのコンソメジュレ

IMAG3292

 

 

 

 

IMAG3293

 

 

 

 

スパイスが効いており、口いっぱいに爽やかな風味が広がります

 

ライ麦パン

IMAG3288

 

 

 

 

 

デザート
モモのコンポートにバラのアイスクリーム

IMAG3295

 

 

 

 

IMAG3298

 

 

 

 

一品目のトリュフから始まった芸術作品の締めくくりです
モモに注がれた木苺ソースの酸味と薔薇のアイスクリームの優雅な香り

あまりの完成度の高さに終始脱帽です

 

コーヒー
プチフールなどは付きません

IMAG3299

 

 

 

 

 

シェフとマダムが2名で切り盛りしているため
・予約が取れにくい (席数に関係無くディナーは3組/日まで?)
・支給がスローペースになる場合がある
・変更やリクエストは早目に…
というケースもあるようです

 

この日は幸いにして、ランチ予約で店内は我々だけでしたので
比較的早いペースでお食事を頂く事が出来ました

マダムに伺った所、低糖質コースを注文するお客は月に1組程度との事

 

奇跡の美食レストラン に掲載された当初は、
低糖質メニュー目当てに来店して来る人が多かったようです

 

機会が許すなら、是非とも通常のお料理も頂いてみたいです

奇跡の美食レストランに掲載されているレストランの中でトップクラスに入ると感じました

 

因みに、卵アレルギーを事前に伝えていましたので、
前菜を変えて頂く事も出来ました

 

生ハムと野菜

IMAG3286

 

 

 

 

 

フレンチソースの匠との感動的な出逢いでした

 

ラノー・ドール
公式サイト:http://www.lanneaudor-tokyo.com/index.html
食べログ :http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130901/13027231/

 

溝口クリニック 分子栄養学勉強会

2013年7月13日(土)に新宿溝口クリニックにて
定真理子先生による月次の定期勉強会が開かれました

今回のテーマは、
皮膚・粘膜・粘液と栄養 - 口腔内トラブルなど -』

口から肛門まで一本で繋がる消化管は、
もともとが表体の皮膚であったものが、
織り畳まれながら生体内を通貫するようになりました

この事から、口から肛門までの消化管は
人の身体を貫く一本の筒であり、『身体の外』である事はご存知の方も多いと思います

消化管は内なる外なんですね

消化器は一本の 「ちくわ」 と表現される事が多いです

イメージ

CapD20130724

 

 

 

 

 

 

*定先生のセミナー資料とは異なります
出展: トリセツ・カラダ 海堂 尊

 

歯を除く口腔も表面は粘膜で覆われており、
食物摂取をはじめとして外科医からの異物や刺激が最初に侵入してくる最前線です

 

口腔内の管理、歯周病の予防・治療が
糖尿病や癌、動脈硬化を含などの生活習慣病と深い関わりがある事は
以前にもに定先生の勉強会で学んだ通りです

 

口内炎』では、
口腔粘膜上皮基底細胞が障害されますが、このような炎症にも栄養素が大きな役割を果たし、
ビタミンB6が有効だそうです

但し、難治性(なかなか治りにくい)口内炎を患っている患者さんも多いらしく
その場合には、

・グルタミン酸 → 粘膜形成・強化
・ビタミンA     →  細胞分化の促進

も合わせて摂取する事で、早期治療の効果が期待できるそうです

 

 

唾液の分泌』 も生体の健康維持には重要です

・ 口腔内の保護 (損傷の予防、保湿の維持)
・ 細菌の繁殖防御

これらの抗菌因子としては、
ムチン、ラクトフェリン、IgA、リゾチーム、ペルオキシターゼ、ヒスタチン
が挙げられます

 

 

ドライマウス(唾液分泌低下)』 による身体への影響も学習しました
会話がし難い、食事がし難い、味覚障害、口臭、歯周病など

唾液が減る理由としては
・ ストレス
・ 加齢
・ 生活習慣病
・ 糖尿病
・ 環境
・ 薬(血圧調整剤、胃酸抑制剤、利尿剤、鎮痛剤)

 

唾液分泌を促進させるために、
良く噛んで食べる事、唾液腺をマッサージする事で分泌向上が図れますが、
下記栄養素の補給が効能持つそうです

・ コンドロイチン硫酸、グルコサミン(唾液成分)
・ カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンK(唾液の石灰化対策)
・ ビタミンA (唾液腺の分化正常化)
・ CoQ10 (唾液腺の促進)

 

加えて、
角化の正常化や角層バリアの維持、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、ニキビ、帯状疱疹など
皮膚・粘膜・粘液に関連する疾患に対して有効な栄養素に関しても包括的にご教示頂きました


内容盛りだくさんな2時間の講義でした

これで定先生の勉強会は一旦終了となります

8月の夏季休暇を挟み
9月から新たな勉強会がスタートする予定だそうです

 

次回は9月14日(土曜)の開催予定

 

秋からの勉強会も楽しみです

 

溝口クリニック お知らせ・最新情報
http://www.shinjuku-clinic.jp/info/#entry-276

 

糖質制限 レストラン 和食割烹 中嶋(新宿)

新宿三丁目にある、割烹の老舗 中嶋にて低糖質コースを頂いてきました

こちらの初代、中嶋貞治郎氏は北大路魯山人の主催する「星岡茶寮」の初代料理人を務めた人物

我ら糖尿人、元気なのには理由』 を江部先生と共同執筆なさった
作家の宮本輝先生もこちらのご常連との事

 

新宿三丁目の駅からも近く、アクセスは良好です
大塚家具の近くにあります

 

老舗料亭を思わせる看板
ビルの地下にあります

IMAG3252

 

 

 

 

 

 

 

 

店内の様子(お写真はサイトからお借りしました)

CapD20130713 

 

 

 

 

 

CapD20130713_1

 

 

 

 

 

 

連休初日の土曜日夜 お店は満席

数日前から予約していたので、無料で奥の個室を確保する事が出来ました

 

奥の個室(掘りごたつ)
静かで落ち着ける雰囲気です

2013-0713-174926284

 

 

 

 

 

 

 

2013-0713-174935693

 

 

 

 

 

奥の個室は厨房の直ぐ横にあるので、
板場から時折大将が見習い板さんを厳しく叱りつける声も響いてきます

それはそれで、お店の雰囲気としてご愛嬌

中居さん、板さんの教育はビシーッと行き届いております

 

低糖質コース 10,500円(サービス料別10%)
*夜のみ提供、要予約(前日まで、1名から)

全体で25g程度でしょうか?
(お品書きの提示や一品ごとの糖質量記載はありませんでした)

 

先付

蛸が柔らかい!手間が掛かっています
海老も美味でした

右は鰯の煮つけです
臭みが無く柔らかく仕上がっています

家庭では絶対に真似できません

IMAG3260

 

 

 

 

 

すっぽんのジュレ

IMAG3261

 

 

 

 

 

お造り

IMAG3264 

 

 

 

 

鮎の塩焼き
旬の鮎 最高ですね!

IMAG3267

 

 

 

 

 

海老真薯揚げ

IMAG3268

 

 

 

 

 

藻ずく酢

IMAG3270

 

 

 

 

 

いちぢくのふろふき

一瞬、海老芋に見えたのですが、いちぢくでした
こちらの名物料理(?)との事で、板さんが自ら運んで下さいました

柔らかくて口の中でとろけます
コース終盤で、意表を突く逸品の提供でした

IMAG3271

 

 

 

 

IMAG3272

 

 

 

 

 

いちぢくのふろふきは、レシピが公開されています 
http://www.buaiso.net/lifestyle/recipe/12526/

 

 

がんもどき(ご飯代わり)

IMAG3274

 

 

 

 

 

デザート
ラカントSを使用したゼリーとトマトのコンポート

優しいお味です

IMAG3275

 

 

 

 

 

流石、一流割烹という雰囲気と演出でした

ですが、全体的にもう少し品数とボリュームは欲しい所です

手間暇掛かっているのは分かりますが、値段を鑑みると
焼き魚やお吸い物、茶碗蒸し等、糖質を抑えた皿を数品足しても良いのでは…
という印象も受けます

言うまでもなく一品一品のレベルは高いです

 

お店の方によると、低糖質コースを注文する人は、
1ヵ月に一組程度との事でした

 

新宿界隈で、こちらのような落ち着いた割烹があるとは今まで知らなかったので
糖質制限という観点に限らず、是非とも押さえておきたい名店です

 

糖質制限食ではありませんが、
ランチ定食の鰯は絶品のようです

鰯のフライ、煮物、刺身…と鰯料理からチョイスするようです

 
文化人の愛した名店で頂く糖質制限食

味わいあるひとときでした

新宿割烹 中嶋
公式サイト:http://www.shinjyuku-nakajima.com/
食べログ
: http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000959/

糖質制限 レストラン 梅包(旧梅花) 新橋

予約不要で、通常メニューとして低糖質中華を提供している
梅包 (旧梅花) に行って来ました

こちらのお店は、『おやじダイエット部の奇跡』 でも有名な
桐山秀樹先生がイベント会場としても、良く利用なさっているレストランです

 

JR新橋駅から徒歩5分程の所にある、ビルの地下1階にあります

IMAG3237

 

 

 

 

落ち着いた照明で綺麗な店内です

客席数が少ない為、ランチの混雑時は相席(?)になる場合もあるようですが、
カウンター席もあるので、1人でも利用しやすいです

2013-0712-121718152

 

 

 

 

 

2013-0712-121711434

 

 

 

 

 

 

980円ランチを注文
6品から2品をチョイス+豆腐麺、杏仁豆腐の合計4品です

ズワイガニと糸こんにゃくのマヨネーズサラダ 糖質 2.9g

IMAG3239

 

 

 

 

海鮮と湯葉の塩煮込み  糖質 1.5g

IMAG3242

 

 

 

 

豚ヒレ肉の揚げ物~五香風味~  糖質 2.3g

IMAG3240

 

 

 

 

豚バラ肉と豆腐の辛味煮込み  糖質 2.4g

IMAG3245

 

 

 

 

豆腐麺 水菜とエノキ茸の豆腐麺  糖質 0.6g

IMAG3241

 

 

 

 

デザート 杏仁豆腐 糖質 1.5g

IMAG3247

 

 

 

 

ついでに、
冷やし胡麻ダレ豆腐麺 980円 糖質8.7g も追加

 IMAG3243

 

 

 

豆腐麺は癖が無く、美味しかったです

全体的に薄めの味付けですね

男性の場合、全体的にボリュームが少ないと感じる方もいると思います
各糖質量が明記されていますので、ご自身で糖質量の総計を見ながら
追加注文してみては如何でしょうか?

 

リーズナブルな値段で、気軽に糖質制限食を楽しめるお店として
非常に貴重な存在です

 

梅包(メイパオ)
公式サイト:http://meihua.jp/home.html
お店ブログ:http://blog.meihua.jp/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13128865/

 

真逆のパラダイムから見る事の重要性

 

Fit for Life 
Harvey Diamond and Marilyn Diamond

CapD20130709_1

 

 

 

 

 

 

 

フィット・フォー・ライフ 健康長寿には「不滅の原則」があった!
ハーヴィー・ダイアモンド/マリリン・ダイアモンド (著) 松田 麻美子 (翻訳)

CapD20130709_2

 

 

 

 

 

 

 

米国でベストセラーになった食事療法の本です

本書によれば、ナチュラル・ハイジーンの基礎的な考えは、

体は健康を求めていつも努力しており、
有害な老廃物を自ら絶えず浄化する事によって、それを成し遂げようとしている

というアイディアに基づいており、

ナチュラル・ハイジーンに基づく食事量が、人間の身体をケアし、大切に維持するための最も優れた方法
と、紹介されています

 

ヒトの「排泄サイクル」を適切にする事が減量(解毒)に繋がると唱え
老廃物を溜めこまない為の三原則として、以下を提唱しています

 

1. 水分を多く含む食べ物を食べること

水分を多く含む、生の野菜と果物を摂取することにより、
ビタミン、ミネラル、タンパク質(アミノ酸)、酵素、炭水化物、脂肪に至るまで
人間が要求する栄養素は全て賄えらえる

凝縮食品(パン、米、肉、魚、乳製品など)は、30%程度に抑える

 

 

2. 食べ物は正しく組み合わせて食べること

人間は2つ以上の凝縮食品(パン、米、肉、魚、乳製品など、果物と野菜以外の食品)を
胃で同時に消化するようには作られていない

肉とジャガイモ、魚とご飯、鶏肉と麺、卵とトースト、シリアルと牛乳
このような組み合わせは、消化器官に負担を与え、組織中に有害な老廃物を作り出す
胃の中で、タンパク質は腐敗し、炭水化物は発酵し、体内で有害な酸を発生させる

2つの異なるタンパク質を同時に摂取する事も控える
(肉と魚、肉と卵、魚と卵など)

野菜は特定の消化酵素を必要とないので、
肉やパンは野菜と一緒に食べ、1回の食事では1つの凝固食品のみを摂る事が理想的な消化形式

 

 

3. 果物を正しく食べること

ヒトは肉食でも草食でも雑食でも無く、「果食動物だった!」そう…

果物こそがヒトの構造や機能から、人類がすんなりと受け入れられる事が出来る唯一の食べ物
果物はほかの食べ物よりも、消化するのに僅かなエネルギーしか必要としない

・(加熱、調理せず)新鮮な果物だけを食べる
・空腹時にのみ食べる

果物では太らないので、朝は果物とフレッシュジュースだけにする

 

最もインパクトがあったのは、
第10章 「現代人はタンパク質を取り過ぎている」

人間の身体は肉を食べるようにはできていない
(ヒトと肉食動物を生理学的な側面から比較)

ヒトの身体のタンパク質は、タンパク質を食べる事によって体内で作られるのではなく、
食べ物(植物がベスト)に含まれるアミノ酸から作られる

動物性タンパク質が重要な栄養素である事やビタミンB12の不足を気にするのはナンセンス

不飽和脂肪酸を含む、EPAやHDAに関しても、魚は水銀などの汚染があるため、
オメガ3系の脂肪酸摂取については、魚よりもフラックスシードやクルミ、緑黄色野菜が最適

 

第11章では、「牛乳は健康食品などではない」 ともしています

ジェイン・プラント著 「乳がんと牛乳」 に通じる内容も散見されますね

 

CapD20130709

 

 

 

 

 

 

 

 

分子整合栄養医学や糖質制限とは、根本的に概念や主義が異なります

 

根本的にベジタリアン志向の考え方のようです
ですが、筆者は決して肉食を批判したり、読者にナチュラル・ハイジーンを強要するという事はしていません

 

本国アメリカのアマゾンには、実に270ものレビューが記載され、
1980年代には既にこの食事療法が確立されていたようですから先駆的です

本書は、重要な部分が太字で簡潔に書かれている為、重点は手っ取り早く理解できます

 

一方で、著者の論拠を下支えする、
栄養学的、生化学的に見た場合の裏付けや因果関係は説明が不足している感は否めません

 

日本語版では、翻訳者による注釈、レシピの紹介、Q&Aなど、
実にきめ細やかな加筆がなされ、ページの厚さに寄与しています

 

果物の摂取に関して、血糖は上がらないのだろうか?
と疑問に思ったところ、正にそのQ&Aが末尾に記載さていました

問1:  
果物は果糖が多く、血糖値を上昇させてしまうのではないか?

回答:
・果物は空腹時に正しく摂取されている限り、いくら食べても血糖値の上昇を心配する必要はない
・菓子などの炭水化物よりも性質が複雑で、血中へゆっくり吸収される
・果糖は、肝臓や細胞に取り込まれる際、インスリンの助けを必要としないので、
インスリンの使い過ぎによる枯渇や、 膵臓疲弊させる事はない
・万が一、食べ過ぎるような事があったとしても、菓子の場合のような弊害は殆ど起こらない

 

この見解は妥当なものでしょうか?
個人的には腑に落ちない部分もあります

 

栄養療法や糖質制限とは対照的な理論ですが、
十数年経過しても尚、信頼・指示され続ける理由があるのでしょう

実際、この食事療法を通じて、心身共に健康でいる方も沢山いるはずです

本書には記載されていない生化学的なメカニズムや科学的エビデンスも存在するのかもしれません

栄養療法や糖質制限を実践していると、提供される情報を鵜呑みにしてしまい
視野が狭くなったり、柔軟な感が方から遠ざかっていると反省する瞬間があります 

正反対の側面から敢えて物事を見る」 事の重要性を痛感しました

異なるの見解や批判的な意見に耳を傾ける事で、
栄養療法や糖質制限の意義を客観的に捉えると共に、
更に理論を補強するヒントも得られると考えています

 

世の中には、数えきれない程の健康法や食事療法が存在します

他メソッドでも、理にかなっている思ったポイントや相性の良いやり方は、
自分で適切に判断、検証しながら上手く取りいれて行きたいものです

勿論、時と場合に応じて、専門家からのアドバイスも必要です

多分に示唆に富んだ内容の書籍です

 

8月・9月 溝口クリニック座談会 (栄養療法説明会・情報交換会)

8月・9月 溝口クリニック座談会の内容が決定したとのアナウンスがありました

『栄養療法説明会・情報交換会』

http://www.shinjuku-clinic.jp/seminar/zadankai.html

—————————————
8月・9月の座談会は、
受診中の方でお友達や知人に紹介したいのだけども…と迷っている方、
受診してみたいけれども、どのような流れで進めていくのかご不安な方
そんな方々にご参加いただける場となっております。ぜひこの機会をご利用下さい。

場所: 新宿溝口クリニック セミナールーム(御苑前311ビル4階)
定員: 約35名
費用: 無 料
<対象者>
・医療機関で栄養療法を行っている方とその家族やお知り合い
・受診を検討されている方、など

15:30 ~ 16:15 患者交流会・情報交換会
16:15 ~ 16:30 クリニック受診説明会(医師による診療相談ではありません)
—————————————-

申込みはこちら
http://www.shinjuku-clinic.jp/form_seminar/general_s02.pdf

 

糖質制限 レストラン 中国飯店 富麗華(麻布十番)

今回は久しぶりの中華です

昨年末にお邪魔した、中国飯店 市ヶ谷店 と同系列のお店です

うだるような暑い日には中華料理とビールなんて最高の組み合わせですよね!
(とは、言っても全くアルコールを受け付けない人間なのですが…)

 

伺ったのは、麻布十番にある中華料理の有名店 中国飯店 富麗華

IMAG3185

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの低糖質メニューはかなり高級路線

ランチ 18,000円

現在は、1階が改装工事中との事で、2階のお席へ

広いスペースに余裕のあるテーブル配置

IMAG3206

 

 

 

 

二胡と箏の生演奏が奏でられる優雅な雰囲気

2013-0706-144242546

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理は一旦厨房から客席の中テーブルに見えるように置かれ、
ここで再度盛り付けや北京ダックの切り分けなどがなされ
その後、各テーブルにサーブされます

格式高いクラシックスタイルのチャイニーズレストランでは、
このようなスタイルを取っている所が多いような気がします

2013-0706-123045384

 

 

 

 

 

 

 

コース内容

各料理の糖質を記載した物やメニューのお品書きはありませんでした

 

前菜
豚肉、ピータン、蒸し鶏、クラゲ
ネギソースで頂きます

IMAG3186

 

 

 

 

 

大正海老のあっさり炒め

IMAG3187

 

 

 

 

 

金華ハムとふかひれのスープ

IMAG3189

 

 

 

 

 

北京ダッグ

IMAG3191

 

 

 

 

切り分ける前に鶏丸ごとの姿を見せて下さいます

 IMAG3198

 

 

 

 

白身魚の醤油蒸し

IMAG3193

 

 

 

 

 

牛肉の炒め物

*写真を取り忘れましたが、オーソドックスな牛肉と筍の千切り炒めです

 

メンマ

IMAG3197

 

 

 

 

 

お粥
魚の身やすり身、海老などがゴロっと入っています

IMAG3200

 

 

 

 

IMAG3201

 

 

 

 

IMAG3202

 

 

 

 

 

杏仁豆腐
かなり甘さ控え目です
スルッと食べられます

IMAG3205

 

 

 

 

IMAG3203

 

 

 

 

以上9品

価格を鑑みると、サービスや雰囲気、お味は極めて相応の水準です

お店の方から、糖質制限コースに関し、特段説明などはありませんでした

若いスタッフの方や中国人スタッフに質問しても、詳しい内容は聞けそうに無い雰囲気でしたので
お料理だけ頂きました…

 

全体的に日本式中華料理の古典スタイルと言った感じです
コースの締めはお粥でしたが、正直な所、名物の黒チャーハンも食べてみたかったです…

 

中国飯店 富麗華
公式サイト:http://www.chuugokuhanten.com/storefureika/
食べログ: http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13004967/