ブックレビュー 『脳に効く栄養』

脳に効く栄養   -クスリに頼らず「脳と心」を健康にする!-
The Brain Chemistry Diet
マイケル・レッサー

Michael LesserMichael Lesser_2

 

 

 

 

 

 

分子整合栄養医学の開祖、ライナス・ポーリング博士と共に
オーソモレキュラーの臨床導入と普及に大きな貢献を果たした人物です

精神科医である博士は、
「うつ症状の原因は食事にある」として、
栄養学の観点から、心の病気(=脳)を治療してこられた方です。
栄養療法は、ヒトの身体や病気のメカニズムを分子レベル(細胞)から捉え、
糖質制限含めた食事療法とサプリメント摂取から
身体や脳の調和を整え、健康維持を図る療養アプローチです。
ヒトの身体は約60兆個の細胞から構成されています。

細胞は必要な栄養素を至適量摂取して、初めて正常に機能しています。
栄養が適切に補給されないと細胞が正常に機能できなくなり、
ホルモンや自律神経の異常などから、身体不調、心(脳)の病気をも引き起こすというのがベースの考え方です。

レッサー博士が本書で指摘する所によると、
『体内で起こる化学藩王のバランスが崩れた結果、うつ病や精神疾患になる。
 場合によっては、生命にも関わることすらある。』
のだそうです。

 

本中では、ノーベル賞受賞者のライナス・ポーリングが
サイエンス誌に寄せた論文との劇的な出会いについても触れられており、
ポーリングの言葉も紹介されています。
『脳の働きには、脳内に正常な状態で存在している様々な物質の量(分子濃度)が影響している。
 その人が普段の食生活から得ている分子濃度や、遺伝的に備わった分子濃度と、
 その人にとって最適な各物質の分子濃度には大きな隔たりがある場合もある。』

その後、レッサー博士は、
統合失調症に対する栄養容量が科学的エビデンスからも効果的であることを
カナダのエイブラハム・ホッファー博士とハンフリー・オズモンド博士の論文から突き止めたのでした。

レッサー自身が精神病の患者に栄養療法を試した所、
従来の治療法と比較して、劇的な改善効果があったことを認めました

 

かくして、レッサー博士は、
オーソモレキュラー精神医学アカデミー(現:国際オーソモレキュラー医学協会)に加入
精神疾患に対するオーソモレキュラー治療のエキスパートとしての地位を確立して行かれる訳です

 

前置きが随分と長くなりましたが、
本書では、脳を6つのタイプに区分し、それぞれのタイプに応じた栄養素、食べ物の摂取方法、医療検査、サプリメント、生活改善ガイドを解説しています。

 

具体的な6つのタイプは以下の通り
1. ストイックタイプ -うつ病 (例:元アメリカ大統領 アブラハム・リンカーン)
2. ガーディアンタイプ -強迫神経症 (例:レオナルド・ダヴィンチ)
3. ウォリアタイプ -人格障害 (例:預言者モーゼ)
4. スタータイプ -躁うつ病 (例:元イギリス首相 ウィンストン・チャーチル)
5. ドリーマータイプ -統合失調症 (例:ヴァン・ゴッホ)
6. ラバータイプ -不安症 (例:マリリン・モンロー)

 

これらの症状は、かなり悪化した状態を示していますが、
チェック項目を付けて自分が該当するタイプを見ると、
日常生活の行動パターンや思考パターンと合致する事も多々見られました

 

最後の章では、脳のための健康食として
加工・精製されていない自然な食品を摂る事や
オーガニック、オメガ3系の良質な脂肪酸を摂取する必要性も説いています

 
マイケル・レッサー博士の名著は、1991年に出版された
栄養・ビタミン療法 -栄養による精神的健康の改善-

Michael Lesser_3

Michael Lesser_4

 

 

 

 

 

 

今回、偶々手に取る機会に恵まれた 脳に効く栄養 は、
統合失調症やうつ病治療における、栄養療法の部分的なエッセンスが盛り込まれた内容です

本来であれば、栄養・ビタミン療法から読むべきだったのかもしれませんが、
自分の脳タイプに頷きながら興味深く読むことができました

レッサー博士の治療内容を垣間見れる一冊です

Comments are closed.