山田 悟・犬養 裕美子 奇跡の美食レストラン

北里研究所病院 糖尿病センターの 山田悟先生と
美食家・レストランジャーナリストの犬養裕美子氏が書かれた
『外でいただく“糖質制限食” 奇跡の美食レストラン』

toshitsukakumei_kisekino_restaurant_yamada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、糖質制限者の聖地であるボタニカのレビューした際にもご紹介しましたが、
改めてブックレビューとして取り上げてみたいと思います。
糖質制限レストランの『ミシュラン本』というだけあって、
場所は東京がメインで、☆の数もさる事ながら、お値段も非常にグレードが高い店舗が並んでいます。

冒頭、糖質制限に取り組むきっかけやボタニカのシェフとの出会いは非常に興味深い内容です。

犬養氏が共同執筆者というあたりも、様々な面でぐっとトレンド感やステータスを引き上げている要素になっています。

巷で聞いた所によると、山田先生ご自身が、ミシュランに掲載されている店舗に
かたっぱしから糖質制限メニューの提供有無や今後の提供可否について問い合わせされたそうです。

糖質制限者としては、糖質制限メニューを提供してくれる飲食店が増えつつある事は
大変喜ばしい事ですよね。

一方で、
・レストランがほぼ東京でしか普及していない
・最低でも1日前の予約が必要
・内容、金額ともに高水準であるため、毎日気軽には行けない

糖質制限の概念や食事療法がより普及し、
糖質制限食を注文する顧客が増えれば、
規模の経済性から、更に安価に気軽に糖質制限食を楽しむ事が出来るようになるのだと考えています。

反対に、糖質制限食を提供する飲食店が増える事により、
一般の方にも周知・認識されるようになる場合もあるでしょう。

 
昨今では、雑誌やテレビ等のメディアでも随分と糖質制限の特集を目にする機会が増えましたが、
トレンド発信地の東京から飛び出して、地方の主要都市、全国各地に広まるには
もう暫く時間を要するのかもしれません。
ダイエット、糖尿病対策、健康維持…それぞれの目的やシーンに合わせて
バラエティーに富んだメニューを自由に選択できる日が来れば良いなと感じています。

Comments are closed.