ブックレビュー 『糖質制限食のススメ』

糖質制限食のススメ  -その医学的根拠と指針―
北里大学北里研究所病院 山田 悟先生

toushitsuseigennosusume_yamada

 

~概要~

昨今の糖質制限ブームを受け、糖尿病を専門とする医師の観点から、
『糖質制限』という曖昧な言葉の定義づけを行うことで、
患者が安全且つ効果的に実行できるようなガイドラインを確立すべきと主張

様々な医学的論文からの科学的根拠を裏付け材料とし、
『糖質制限食は一日の炭水化物摂取量を130g以下にする』とする
リチャード K.バーンスタインの考えを支持
『1食の糖質量を20g以上、40g以下(1日糖質量130g以内)』を
科学的根拠に基づく糖質制限食として提唱

“ゆるい”糖質制限食の導入により、
主食を摂るライフスタイルを大きく変える事なく、負担が無い形での実践が妥当
ロバート・アトキンスが提起した「アトキンス・ダイエット」についても言及

但し、この方法では、実践に困難を伴うとしている
⇒ 栄養不足をサプリメントで補う点やケトン体増加による糖尿病患者への影響(ケトアシドーシス)、
食事の楽しみが奪われるなど

バースタイン・ダイエットの制限値幅から
1食あたり20gに糖質を制限するアトキンス・ダイエット(ケトン生産食)を差し引いた、
20g以上、40g以下の糖質制限値を推奨

 

バースタインが示す、糖質制限食の5つのメリットや糖質制限食批判への反論に至るまで、
様々な研究論文を引用する形で医学的根拠を証明

従来の治療法である、「カロリー制限」との棲み分けも踏まえた上で、
「糖質制限食」も効果的な選択肢の1つとして指導を肯定

 

~所感~

山田先生の着眼点には、なるほど!と思いました
確かに、糖質制限の実施に当たっては、明確な制限量の定義やどんな人に有効か、不適なのかの共通認識がありません。

江部先生が提唱されている、プチ、スタンダード、スーパーなどのレベル分けはありますが、
自分に合った、正確な実践方法や制限値の適正を
良く考慮しないままに、とりあえずやってみる。 というのが今の 現状
ではないでしょうか?

私の場合は、結果的にスーパー糖質制限を実行した形になり、
開始後1ヵ月目までは、全く問題ありませんでした。
ケトン体増大による身体の影響もありません。

でも、実際にはIgGアレルギー反応が出ル結果となってしまいました。

 

糖尿病やその他の疾病を患っている方にとっては、
山田先生が示される通り、医師の指導や指針に基づいて導入するのが
リスク管理の面からも最良ではと思います。

大変読み応えのある一冊です。

Comments are closed.