8月 新宿 溝口クリニック 座談会

 

8月6日に開催された、栄養療法の溝口先生による座談会に参加してきました。
座談会のテーマは  『栄養療法とクリニックについて

2013-0806-152742571

 

 

 

 

 

7月の座談会にてアナウンスがあった通り、
8月・9月の座談会は、患者交流会・情報交換会 という主旨で進められます

 

参加人数は15名程度
大半が、これから栄養療法を始めようと思っている方のようでした

 

冒頭では、溝口先生より栄養療法の概略について説明

■細胞の機能
 細胞を構成している物質と細胞をはたらかせる物質の濃度によって決まる

■細胞を構成する物質も、細胞をはたらかせる物質も常に入れ替わっている
 生体恒常性(ホメオスタシス)の維持

 

結局の所、最適な濃度は通常の食事からは得られる事が出来ないので
サプリメントで補いましょうという結論に帰着するようです

 

ここで言う、最適な栄養素の濃度とは、固体差がある為、
同じ食べ物を食べていても、同じような疾患を抱えていても、
私と貴方では、身体にとって最適な量は全く異なります

 

厚生労働省が指定する、
ビタミンやミネラルの基準量を遥かに超過する量を摂取しなければならない場合もあるのです

 

厚生労働省発表
平成21年5月29日

日本人の食事摂取基準」 (2010年版)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html

 

後半では、参加者同士が質問や意見交換を行う形式で進められました

参加者の方から挙がったコメントです

・鍼灸師
個人的に栄養療法の勉強をしている
現代の医学部と同じように、東洋医学の世界でも 『栄養学』 について学ぶ機会はほぼ無い
不眠などで通っている患者に(漢方処方よりも)有効なのでは?と思い自主的に参加した

 

・母親
子供(3,4歳)に発達障害がある
ネットで調査をし、発育に効果があると思われるサプリを自己流で摂取をしているものの、
具体的にどんな種類のサプリをどの程度飲めば良いのか分からない
 
母乳を止めて以降、牛乳を毎日大量に摂取しているが、ネットで調べる限りではやめた方が良いという書き込みが多い。 やはり、牛乳は与えない方が良いのか?

 

・一般
親戚が統合失調症と診断され、十数年治療中
栄養療法でどこまで改善が見込まれるのか?
精神科という専門の病院で長らく見て貰っているので、
果たして栄養療法で治るのか正直不安はある 
母親の褥瘡治療にも栄養療法を生かしたいと考えている
現状お世話になっている主治医との関係を壊さずに、栄養療法を取り入れるコツは?

 

・双極性障害、うつの患者 (溝口クリニック通院中)
 パニック、不眠、気分の落ち込みがあったが医療用サプリを摂取し始めたら著効した
 症状も大分改善された
 安価な海外サプリメントも出回っているが、経済的に余裕があればMSSのサプリをお薦めする

 

などなど、皆さん思いの丈をぶつけ合う素晴らしい積極的な会となりました。

 

栄養療法に関しては、体系的な情報が存在しておらず、ネットでも情報が限られています。

 

近くで、栄養療法を実践しているクリニックが存在したとしても、
その先生が実際にどのような方か、どういう治療方針かが分からないので、
皆さん不安に感じているのだという印象を受けました

 

栄養療法を実践中、或いは、これから取り入れようとしているドクターの方がいれば
都心や地方に関わらず、どんどんネットや書籍で情報発信して欲しいと思いました

 

次回の座談会

日程: 9月3日 (火曜日)
場所: 新宿溝口クリニック セミナールーム(御苑前311ビル4階)
定員: 約35名
費用: 無 料
<対象者>
・医療機関で栄養療法を行っている方とその家族やお知り合い
・受診を検討されている方など

15:30 ~ 16:15 患者交流会・情報交換会
16:15 ~ 16:30 クリニック受診説明会(医師による診療相談ではありません)

申込みはこちら
http://www.shinjuku-clinic.jp/form_seminar/general_s02.pdf

Comments are closed.