糖質制限レストラン L’EMBELLIR (ランベリー) 表参道

南青山のお洒落なブランドがひしめくロケーション

今宵はコンテンポラリー・フレンチで有名なランベリーにお邪魔してきました

口コミサイトの評価は4.11と驚異的です

 

外観

IMAG3581

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランは青山プラダブティック すぐ後ろのビルに位置します

地下へと続く階段を降りるとレストランのドアがあります

 

 

 

店内の様子
各テーブル共に、壁に面した席はソファーになっていてクッションも置かれています
居心地がとても良いです

 CapD20130804_1

 

 

 

 

CapD20130804

 

 

 

 

*上記画像はレストランサイトよりお借りしました

 

L’EMBELLIR へは初訪問ですが
当日の予約にも関わらず、低糖質コースのリクエストを引き受けて下さいました

奇跡の美食レストラン』 には、4日前までの予約 との記載がありましたが、
当日の午前中に電話して伺った所、低糖質コースで対応可能とのご返答を頂戴しました

本の紹介文に、『低糖質メニューは、通常メニューとさほど変わらない
という一文があったので、準備するお店側の負担も少ないのではと思い電話してみたのです

言ってみるものですね!

電話での対応もテキパキしていて、流石ミシュラン獲得店は違います

 

因みに、『奇跡の美食レストラン』 は、2012年 6月に発売されていますが
記載内容と実店舗での対応状況は異なる場合が結構あります

仕入内容によりメニュー構成が変更される事は勿論ですが、
「○○日前まで要予約」と記載がされていても、今回のように当日対応して貰える場合もあれば、
「当日予約 相談可」と記載がされていても、対応出来ないという返答が来る事もあります

レストラン側のご事情や食材・調理の準備もあるでしょうから
変更内容や最新情報については、電話で直接確認するのが望ましいでしょう

「100%低糖質には出来ないが、出来る範囲で当日対応させて頂きます」
と返事を貰えるレストランもあります

で、結果的に完全低糖質コースを出して下さったのが、代官山ASO でした
感涙ものの体験でした

 

 
コース内容

低糖質コース 13,650円 (サービス料別 10%)
*昼、夜とも同じメニューで提供
*要予約 (4日前まで 2名から)

 

メニュー

2013-0803-191415319

 

 

 

 

 

各お料理の糖質量の記載はありませんでしたが
お店の方に伺った所、感覚的な糖質量の合計は40g以下だそうです

 

 

 

胡瓜のゼリー アンチョビソース

2013-0803-192425413

 

 

 

 

 

キュウリのゼリーとは面白いアイディアです
涼感豊かなアミューズからのスタートです

 

 

マツタケのフリット 宮崎産 ヘベス添え
*メニュー表に記載はありません

2013-0803-194117850

 

 

 

 

 

2013-0803-194115073

 

 

 

 

 

ヘベスとは、宮崎、日向でしか採れない「平兵衛酢」と呼ばれる柑橘類で、カボスに似たお味です
http://www.miyazakiya.jp/webshop/hebesu/

 

 

 

農園野菜のテリーヌ

2013-0803-195124349

 

 

 

 

 

こちらのスペシャリテです
華やかで美しい一品です

17種類の野菜を使っています
散りばめられたお花も全て食べる事が出来ます

 

 

ショウサイフグの白子の湯葉包み フランス産サマートリュフと焼野菜

2013-0803-200930476

 

 

 

 

 

2013-0803-201028320

 

 

 

 

 

夏が旬のショウサイフグです
白子はとろ~りと口の中でとろけます

 

 

 

リ・ド・ヴォーのフリット パプリカの詰め物 ミックススパイスの香り
オーストラリア産 黒トリュフ

2013-0803-202339721

 

 

 

 

 

2013-0803-202347943

 

 

 

 

 

プレート左側がフリット仕立て、右側がパプリカが敷かれた物
2種類の味が楽しめます

右側の方が圧倒的に美味しかったです

 

 

潮の香りとハーブ キスのポワレと貝類のナージュ 宮崎産ヘベスを添えて

2013-0803-203743197

 

 

 

 

 

2013-0803-203735424

 

 

 

 

 

ナージュとは、
香味野菜(セロリ、ニンジン、タマネギなど)や白ワインを加えて煮出したブイヨン(だし汁)で
魚介類や甲殻類を調理し、その煮汁を煮詰めソースとする調理法だそうです

様々な魚介類から取られた出汁は、奥行きのある旨みを演出します
ヘベスの酸味との相性も素晴らしい

 

こちらは、神奈川県産のハーブで、ナージュと共にテーブルに運ばれます

2013-0803-204035724

 
多種多様な彩り豊かなハーブを自分で摘んでお料理に加えます
お皿の周りに添えられたハーブも一緒に入れて楽しむスタイルです

 

 

 

北海道白糖産夏鹿のロティ 黄ビーツとトリュフのピュレ
南清里産フランボワーズの香り

2013-0803-205508944

 

 

 

 

 

2013-0803-205550836

 

 

 

 

 

 

 

パン(Kコンプレ) 

2013-0803-194801255

 

 

 

 

 

2013-0803-194816259

 

 

 

 

 

こちらでも、パンは 『シニフィアン・シニフィエ』 Kコンプレを採用していますね

 

糖質量が若干オーバーしても良い場合には、
Kコンプレの追加、若しくは、通常の小麦粉のパンもお願いできます

 

 

 

本日のフロマージュ
ワゴンからお好きな種類のチーズをチョイス

2013-0803-211823740

 

 

 

 

 

チーズはアレルギーがあるので、ここでも断念…
これ程のラインナップを目の前にして涙を呑むばかりです

レストランからは、代わりにサラダの提供の申し出を受けましたが、遠慮させて頂きました

胃袋に入る余地は十分にありますが、
コースの流れを考えると、このタイミングでサラダはちょっと食べにくいです

 

個人的な提案ですが、
ナッツやラカントSで味付けした小魚、少量の生ハムなどを頂けると嬉しいですね

乳製品にアレルギーがあっても安心して頂けますし、
血糖も上げず、ワインを飲まれる方にも合うと思います

レストラン側には例外的なお客に対する、余分なコスト負担になるかもしれませんが…

 

 

 

マルコナアーモンドのブランマンジェ

2013-0803-213907763

 

 

 

 

 

濃厚なアーモンドの甘さが印象に残るデザートでした

 

 

 

小菓子 ラズベリーのマシュマロ

2013-0803-214141552

 

 

 

 

 

 

 

ミントティー

2013-0803-215401592 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレンチレストランでは、季節のハーブティーとして
この時期ミントティーを提供する所が多いようですが、
各店舗によってグラスのポッドが違うので、毎回どんな形や素材の物が出てくるのか楽しみです

こちらのレストランでは、角型のガラスポッドに茶こしが添えられたタイプでした☆

 

 

お口直しの一品 京都産 紅イモを使ったジュース

2013-0803-215247251

 

 

 

 

 

 

 

 

19時から食事を開始して、終了は21時半過ぎ!

フレンチのコースはゆったりですから、お時間に余裕を見て行かれる事をお薦めします

最後の方は、デザートやお茶を出して頂くスピードをアップして頂きました…

 

時折、シェフご自身がフロアに料理を運んだり、お皿を片づけたりしながら
さりげなく客席の状況に目を配っていらっしゃいました

 

少し残念だったのは、
大人数のスタッフが忙しなくフロアを行き交っている割には
テーブルに目が行き届いていないシーンが散見されました

アルコールを注文しなかったので、ガス入りのお水を注文しましたが
グラスが空になっても気づいて頂けず、数回呼び止める場面も…

お店は8割方埋まっていて、混雑していたのでそれもご愛嬌
人気店ですから仕方ないかもしれません

 

 

店を出る際に、 『低糖質ではありませんが・・・』 と、お土産にクッキーとラクスのお菓子を頂戴しました
可愛らしいバッグ型の小箱に入っています♥

2013-0803-215442539

 

 

 

 

 

2013-0803-225814445

 

 

 

 

 

 西麻布 チャオベッラ に伺った時にもお土産を頂きましたが、こうしたサービスは嬉しいものです

 

最後はバタバタと店を後にしてしまったのですが、
時間が許せば、シェフの方から直接お話しを伺ってみたかったです

 

日本の旬とエスプリを表現したハイレベルなフレンチレストラン
ランベリーのご紹介でした

 

L’EMBELLIR (ランベリー)
公式サイト:http://www.lembellir.com/
食べログ :http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13111824/

 

 

Comments are closed.