糖質制限 レストラン ラノー・ドール 四ツ谷三丁目

四ツ谷三丁目にある隠れ家的名店 ラノー・ドール にお邪魔してきました

こちらのシェフは、渋谷区松濤「シェ松尾」 にて5年ソシエ(男性のソース専門調理係)を務めた方だそうです

1989年 下北沢に「シェタニ」を独立オープン
14年間完全予約制でソースのおいしいきめ細やかな料理を提供

2005年 ラノー・ドール』=”金の環” としてお店を四ツ谷に移転

以来、2008年~2013年 6年連続で「1つ星」を獲得!
来店前から胸が高鳴り、グッと期待値が上昇します

 

ロケーションは、丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩5分程度
韓国大使館の隣のビルの地下1階にあります

IMAG3285

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスでは天使達がお出迎え

IMAG3304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内は白を基調としたインテリア
席数は14席と隠れ家的で大変居心地の良い空間です

2013-0715-115255933

 

 

 

 

 

IMAG3303

 

 

 

 

 

和洋折衷の絵画が壁に飾られています
互いが主張する事なく調和し、お店のセンスを感じます

2013-0715-115529682

 

 

 

 

 

 

厨房はご主人が一人で切り盛りし
奥様がサーブして下さいます

2013-0715-115301026

 

 

 

 

 

 

コース内容

低糖質コース ランチ 10,000円

メニューや料理ごとの糖質量が記載された表はありませんでした

 

幻の卵の半熟蒸し トリュフとフォアグラのソース

IMAG3287

 

 

 

 

1皿目から衝撃が走りました!
濃厚な卵とトリュフ あまりの美味しさに感動しっぱなしです

こちらのスペシャリテで、来店した際にはオーダー必須の一品です

食べログの口コミに、
トリュフ卵で感動して、その余韻でデザートまで行く感じになる
という書き込みがありますが、正にその通りです

 

阿寒湖のマス

IMAG3289

 

 

 

 

少しグリルしてあるようですが、ほぼ生に近い食感です

兎にも角にもソースが絶品
多種多様な調味料が使用されているようで、幾重にも重なった深い味わいが楽しめます

スライスアーモンドのパリパリした食感とレアに近いマスの口当たりは癖になります

 

仔牛のソテー

IMAG3290

 

 

 

 

IMAG3291

 

 

 

 

 

生後2,3週間しか経過していないという仔牛肉
“ミルクフェド”と呼ばれ、まだ草を食む(はむ)までに至っていない
母牛の母乳だけで育てられた仔牛肉だそうです

歯ごたえはどこまでも柔らかく、臭みが全くありません

タンパク質の立体構造のしなやかさは極上級です

シェフ自らが料理を運んで下さり、お客の目の前で肉汁ソースを掛けて下さいます

 

 

お口直しのコンソメジュレ

IMAG3292

 

 

 

 

IMAG3293

 

 

 

 

スパイスが効いており、口いっぱいに爽やかな風味が広がります

 

ライ麦パン

IMAG3288

 

 

 

 

 

デザート
モモのコンポートにバラのアイスクリーム

IMAG3295

 

 

 

 

IMAG3298

 

 

 

 

一品目のトリュフから始まった芸術作品の締めくくりです
モモに注がれた木苺ソースの酸味と薔薇のアイスクリームの優雅な香り

あまりの完成度の高さに終始脱帽です

 

コーヒー
プチフールなどは付きません

IMAG3299

 

 

 

 

 

シェフとマダムが2名で切り盛りしているため
・予約が取れにくい (席数に関係無くディナーは3組/日まで?)
・支給がスローペースになる場合がある
・変更やリクエストは早目に…
というケースもあるようです

 

この日は幸いにして、ランチ予約で店内は我々だけでしたので
比較的早いペースでお食事を頂く事が出来ました

マダムに伺った所、低糖質コースを注文するお客は月に1組程度との事

 

奇跡の美食レストラン に掲載された当初は、
低糖質メニュー目当てに来店して来る人が多かったようです

 

機会が許すなら、是非とも通常のお料理も頂いてみたいです

奇跡の美食レストランに掲載されているレストランの中でトップクラスに入ると感じました

 

因みに、卵アレルギーを事前に伝えていましたので、
前菜を変えて頂く事も出来ました

 

生ハムと野菜

IMAG3286

 

 

 

 

 

フレンチソースの匠との感動的な出逢いでした

 

ラノー・ドール
公式サイト:http://www.lanneaudor-tokyo.com/index.html
食べログ :http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130901/13027231/

 

Comments are closed.