新宿溝口クリニック 10周年記念シンポジウム

2013年9月8日(日曜) 
新宿溝口クリニック 10周年記念シンポジウム が開催されます

タイトルは、
We are what we eat
いままでの、そして、これからの
10年後の栄養療法を語ろう

有楽町朝日ホール
10:30 ~ 16:00 (受付開始10:00)

定員750名(事前申込要) 参加無料
案内ページ
http://www.orthomolecular.jp/seminar/2013-0908/

申込みはこちらから
http://www.orthomolecular.jp/seminar/20130908_tokyo.pdf

 

午前の部
Tokyo DD Clinic 内海 聡先生をスペシャルゲストとして迎え、溝口先生との対談が行われます

内海先生は、
医学不要論』、『日本の「薬漬け」を斬る』、『精神科は今日も、やりたい放題
などセンセーショナルなタイトルの本を数多く出版なさっています

 

■午後の部:
第一部

全国の栄養療法実践医師を招いてのパネルディスカッション
桑島先生、姫野先生を始め、栄養療法を実践なさっているドクターとの討議が行われます

 

第二部
10年後の栄養療法を語ろう

溝口先生の司会進行のもと、栄養療法のこれからのあるべき姿について
参加者と一緒に語り合うようです

 

10年後に、栄養療法はどのように認知され、普及しているのでしょうか?
栄養療法が慢性疾患治療における主流となり、
医局、学閥、学会などの垣根を越えて臨床応用されるようになっていれば…と願ってやみません。

治療方法の選択肢の1つとして、栄養療法への理解・周知が常識化し、
先進医療としての保険適用がなされ、
より多くの人が手軽に受けられるような体制が構築されていれば素晴らしいですね

高濃度ビタミンC点滴が癌に効く事も
精神疾患がナイアシン不足を起因としている事も
医学会では、長らく否定され続けてきました

ですが、今日ではそうした治療効果は多くの医師達が認める所となり
アメリカなど、海外ではかなり普及が進んでいるというのが事実です

日本では、今正に栄養療法や糖質制限がその批判の矛先となっています

 

2020年までには、今までの医療常識が覆り、
分子整合栄養医学が有効な治療法としての地位を確立している
そんな素晴らしい時代をむかえている事を期待しています

 

Comments are closed.