Category Archives: 医療用サプリメント

ブックレビュー 『うつは食べ物が原因だった』

2009年に出版された溝口徹先生の書籍です

 
「うつ」は食べ物が原因だった!

utsu_tabemono_mizoguchi

 

 

 

 

 

 

 

江部先生の書籍と同じく、今更紹介するまでも無い一冊ですが、
溝口先生の代表作ですので、ブログでご紹介したいと思います。

 

うつ病に対する、栄養療法(オーソモレキュラー)の有効性を示された本です

精神疾患における従来の投薬治療を根本から見直し、
脳が正常にはたらく仕組みを、分子レベルで生化学的に捉えた治療法を紹介しています

ヒトの感情に影響を及ぼすのが、神経伝達物質です
興奮系:ドーパミン、グルタミン酸、アセチルコリン、ノルアドレナリン
抑制系:GABA(γアミノ酪酸)
調整系:セロトニン

これらのバランスを取ることによって、ヒトは感情をコントロールしているのですが、
脳内の均衡が崩れると、イライラや不安、恐怖、悲しみで心が沈んだりしてしまいます。
本書では、こうした神経伝達物質の合成メカニズムや
その過程で必要とされる原料(タンパク質やビタミン)の重要性も説いています。

 

今では比較的一般にも知られるようになりましたが、
糖質(ブドウ糖)の過剰摂取がうつ病症状を引き起こす原因である事や
低血糖症と糖尿病が表裏一体である事も指摘しています

 

「糖質制限」や「栄養療法」という言葉が浸透していなかった当時、
精神疾患の原因が食べ物にあると主張するのは前衛的且つ実験的なことだったのかもしれません。

 

1950年代に、精神科医 エーブラム・ホッファーらが
ナイアシン(ビタミンB3)が統合失調症および他の多くの精神病に有効な治療法である事を立証

ノーベル化学賞・ノーベル平和賞を受賞した
ライナス・ポーリングが1968年にサイエンス誌上で「分子整合栄養医学」提唱

こうした先人達の画期的な理論がここまで普及しているのは、
溝口先生の書籍や学会活動があったからこそだと思います

臨床現場での実績もまとまり、
今日では、ドクターのみならず、一般の人達からも新たな治療アプローチとして注文されています

正に、日本における栄養療法の第一人者です。

 

精神疾患における問題を抱えていない方であっても、
普段摂取している栄養素が脳にどう作用し、ヒトの心情に影響を及ぼしているか
本質に迫る一冊です。

 

IgGアレルギー 経過観察

IgGアレルギー (遅延性アレルギー)との診断が下ってから3週間

アレルギー抗体がでた食品を控える生活が続いています

・牛乳
・ヨーグルト
・チーズ
・生クリーム
・卵
・アーモンド
・小麦グルテン
・イースト

これらの食品は、一切口にしていません。

正確に捉えると、
卵やアーモンド、グルテン、イーストは知らず、知らずの内に口にしてしまっている可能性も否めませんが、
市販されている菓子やパンには手を出していませんので、極力抑えられているのではと思っています

食物除去をしている間、腸管免疫を鍛えるよう、医療用サプリも処方されました

プロバイオティクス

20121205_toushitsuseigen_supplement_1

胃酸に弱い菌の為、食後に飲むのは避けます
食間でも不安なので、就寝前に2錠摂取しています

 

食品摂取を控えて3週間が経過

体調面での変化としては、
・ニキビが出なくなった
・身体の怠さが軽減された
・昼間、急激な眠気に襲われる事が少なくなった

 

ニキビ以外の項目は、あくまでも主観的な感想ではありますが、
少なからずとも改善を認識する事で、精神面での安定やリラックスに繋がっている感はあります。

 

栄養療法を開始して、自分の身体の状態について理解を進めるうちに、
摂取するサプリの種類・量も増えてきました

・L-グルタミン (粉末)
・アミノ酸(粉末)
・亜鉛(錠剤)

20121205_toushitsuseigen_supplement

 

上記は、全て保険適用のサプリメントです

L-グルタミンとアミノ酸は食間に摂取しています

『飲める分だけ飲むように』との事ですが、
このアミノ酸が不味いのなんのったら…

なかなか手元のストックが減りません…
味の素から出てるんですけどね

 

亜鉛は、過剰摂取すると、
銅や鉄の吸収阻害による銅欠乏や鉄欠乏を生じるそうです

ただ、現在摂取している「ヘム鉄」の医療用サプリメントは、
鉄吸収阻害物質の影響を受けない製品なのだそうで、今のところはそれ程気にせずに飲んでいます

 

普段の食事に関しては、タンパク質は肉・魚・豆腐類から摂取しています

ナッツは、アーモンド以外の
カシューナッツ、クルミ、マカダミアナッツ、ピスタチオを間食に
東急ストアでは、各種類ごとに販売されているので便利です

東急ストア Vマーク ナッツ

 20121205_toushitsuseigen_IGg

ただ、糖質量は若干多いです
糖質制限の書籍では、ナッツの種類によっては、
摂取を 「△」 (少量であれば可)と記載しているのが殆どのようです

ピスタチオ:16.7g (1袋110g当たり)
カシューナッツ:31.3g (1袋 120g当たり)

マカデミアナッツ:8.3g (1袋 65g当たり)

無意識に食べていて、気が付いたら1袋空っぽ…
という事もあったので気を付けて食べなくては!

 

チーズもヨーグルトも食べられなくなってしまったので、
他の選択肢としては、するめ、アタリメ、小魚をポリポリしています

20121205_toushitsuseigen_IGg_1

おしゃぶり剣先するめ と あたりめ には糖質含有量の記載はありません

 

実は、遅延性アレルギーが判明した直後、
『ちょっとくらい大した事ないだろう!』 と、
軽い気持ちでプロセスチーズを2,3個夕食に食べた所
翌日、口の周辺に2,3個赤い吹き出物が出ていました

恐ろしいです
猛省です

 

 

アレルギー食品を制限し、3週間目の今は、肌も体調も概ね良好です
昨今では、あらゆるメディアのプロパガンダにより、
女性の肌のトラブルには、高級化粧品やエステ、美容整形による施術が効果的と謳われています
場合によっては、皮膚科で然るべき治療を受ける事も推奨されます

しかし、肌や体調、心のトラブルの原因が栄養不足だという事は、全く知られていません

 

化粧品メーカーも製薬業者も、
微々たる含有成分が肌の維持・改善に効くという商業宣伝に躍起になっているようにすら思えてきました

 

引き続き、IgGアレルギーの状況を観察していきたいと思います

IgGアレルギー検査

低血糖症と診断されて、糖質制限を開始してから1ヵ月間

体調は非常に良好
糖質制限を開始してから1週間も経たないうちに、効果が現れていました

・身体が軽い
・朝はスッキリと目が覚め、夜の寝つきも良い
・午後や夕方頃、急激な眠気に襲われていたが解消
・生理痛がなくなる
・肌の調子が良い
・イライラが減り、前向きな気持ちになる

 

糖質制限開始から半月後に、
-プロテイン、ヘム鉄、ビタミン群の医療用サプリメントの摂取開始
-高濃度ビタミンC点滴を受ける

 

体調は更にも増して、快走中だったかのように思えました 
所が、糖質制限を開始してから1ヵ月半を過ぎた頃から
急激に体調が芳しくなくなって来ました

 

具体的な症状は、
・今まで出来た事の無い場所に大きなニキビが出来る
・一日中怠くて、疲れが取れない
・気持ちに積極性が欠け、やる気が起こらない
・昼過ぎから抵抗できない程の眠気に襲われる

 

糖質制限開始から体調不良に陥るまでの経過グラフ

 20121117_IgG_Toushitsuseigen

 

一過性の症状に過ぎないと思い、そのまま放置していたのですが、
改善の兆候が見られません

この間、糖質制限は継続しており、
1日当たりの糖質摂取量は20g以下、所謂スーパー糖質制限でした

 

原因を探るべく、主治医の先生に相談すると
『IgGアレルギーの可能性があるので、血液検査を試すように』 との指示が。

IgGアレルギーは、遅延型アレルギーの事です

蕎麦を食べると全身にブツブツが出来る
卵を食べると痙攣を起す
と言った、即座に反応が出る、即時型アレルギー(IgE抗体)とは異なります

 

IgGアレルギーは、遅延型アレルギーで、
摂取後、数時間から数日後に症状が出るものなので、
本人も周囲も直接的な原因に気づかない事が多いのだそうです

 

日本では医師の間でも周知されていないアレルギーの類らしく、
日本の機関では抗体測定を行っていない為、米国に採血した検体を送る必要があります
以下は、IgGアレルギーと診断されるまで、私が実際に踏んだ手順です

 

~アレルギー抗体を調べる為の採血検査

病院:オーソモレキュラーの実践クリニック(23区内)
費用:3万円弱 (自費) *価格は医療機関により異なる

検査機関:
US Bio Tek http://www.usbiotek.com/ 
日本語 http://www.detox.jp/usbiotek/index.html
正規代理店:アンブロシア株式会社 http://www.ambrosia-kk.com/

米国の検査機関に検体を送付
日本人の食事項目に内容を修正した上で返送
10日から2週間程で結果判明 

IgGアレルギーとの診断
アレルギーを引き起こす、食品名一覧の受け取り
私の場合、以下の食品に対して遅延性アレルギーが見つかりました

反応クラスの見方
0: 無反応
Ⅰ:非常に低い
Ⅱ:低い
Ⅲ:中程度
Ⅳ:高い
Ⅴ:非常に高い
Ⅵ:極めて高い

 
◆肉類
・卵白(反応クラス6)
・卵黄(反応クラス6)

◆フルーツ
・チェリー(反応クラス3強)
・キウイ(反応クラス3強)
・パイナップル(反応クラス5強)

◆乳製品
・カゼイン(反応クラス6)
・チェダーチーズ(反応クラス6)
・カッテージチーズ(反応クラス6)
・牛乳(反応クラス6)
・ホエイ(乳清)(反応クラス5強)
・ヨーグルト(反応クラス6)

◆シーフード
・あわび(反応クラス3)
・カキ(反応クラス3)

◆ナッツ・穀物
・アーモンド(反応クラス3)
・キドニー豆(反応クラス4)
・さやいんげん(反応クラス4)
・小麦グルテン(反応クラス4)
・オート麦(反応クラス3)
・ゴマ(反応クラス3)
・全粒小麦(反応クラス3)

◆野菜
・もやし(反応クラス3)
・ピーマン(反応クラス3)

◆その他
・蜂蜜(反応クラス3強)
・製パンイースト(反応クラス4強)
・醸造用イースト(反応クラス4)

20121117_IgG_Toushitsuseigen_1

20121117_IgG_Toushitsuseigen_5

20121117_IgG_Toushitsuseigen_2

20121117_IgG_Toushitsuseigen_3

20121117_IgG_Toushitsuseigen_4

 

 

~検査結果を受けて~

糖質制限を実行する者としては、筆舌に尽くしがたい程に深刻な結果になりました

抗体検査を受ける前は、アレルギーに対し、非常に楽観的に捉えていました
体調不良はあるが、一時的な状態に過ぎない。この自分に食品アレルギーなどあるはずない!と

所が、実際には目も当てられないような結果となったのです

これはある意味、
一部の外科医が 『自分は癌にはならない』 と根拠の無い自信を持つ事と同じ感覚もしれません

 

思い起こせば、糖質制限を開始して以来、
肉、魚、鶏卵、チーズの摂取量は以前の3倍から5倍近くになっていました
1日に1個程度だった卵の摂取量は、糖質制限を皮切りに、1日に5,6個にもなっていました

チーズも同様
プロセスチーズ、モッツァレラチーズ、とろけるチーズ、チェダーチーズetc…

ナッツ類も、間食として大量に食べていました

肉類、魚介類も含め、
糖質制限を始めてから、急激に高タンパクな食事になった事が
今回のアレルギー症状に繋がったのでしょう

 

ただ、糖質制限を実施し、高タンパクな食生活になった事が直接的な原因ではなく、
高タンパク質な食品に対し、自信の身体の消化・免疫システムが対応しきれなかったのだと考えています 

長年の高糖質な食生活によって、腸内には悪玉菌が増大
腸管壁が炎症・損傷し、腸管系の吸収機能に障害をきたし、
本来は吸収しない大きい分子の食物が粘膜を超えて侵入する事で身体が異物として認識
この結果がアレルギーとして現れているもようです

LGS (リーキーガット症候群) 
http://nutweb.sakura.ne.jp/iframe/03_ippan/03lgs/lgs.html

 

~IgG抗体によるアレルギー症状~

全身疲労、イライラ、頭痛、痩せにくさ、食欲過多、偏食、注意散漫、下痢、便秘、膨満感、
胃潰瘍、喘息、関節痛、湿疹、じんましん、肛門のかゆみ、腹部の痙攣痛etc…

 

 

 
~今後の対処法~

アレルギー反応が出てしまった以上、一定期間に渡り、これらの食品を口にする事は出来ません
無理やり食べる事も出来ますが、再び体調不良に陥る事が目に見えています

主治医からの指示としては、
・アレルギー反応が出た食品を半年間摂取しない
・その間、腸粘膜(腸管免疫)を鍛える ⇒ プロバイオディクス等のサプリ摂取

アレルギー反応を起こす食品の摂取を止めている期間中に腸内環境を整え、
高タンパク質な食事にも耐えられうる身体を形成する必要があります

 

たとえ、反応クラス3だとしても、用心して、その食品は極力摂取は控えるべきとの指示がありました

 

検査結果と共に
『食物の除去&ローテーションガイド』 という冊子を貰いました

代替食品による食事計画の立て方
アレルギーの原因食物の科(ファミリー)一覧
が掲載されています

 20121117_IgG_Toushitsuseigen_7

 20121117_IgG_Toushitsuseigen_8

 

 

フルーツは摂取量が激減しましたし、種類によっては殆ど口にしなくなりました
鮑も食べなくとも影響は全くない食品です
蜂蜜も糖質制限者にとっては無縁の物です

 

しかし、チーズや乳製品、卵と言ったタンパク源は大きな痛手です
これでは、何も食べる事が出来ません

製パン用イーストにも反応が出ている為、ふすまパンや大豆粉パンもNGなのでしょうか?

 20121117_IgG_Toushitsuseigen_6

 

糖質制限で爽快になり、低血糖の症状も随分と改善されつつあったのに、
新たにIgGアレルギーとの戦いが始まってしまいました

食事対策や体調の改善状況についても随時アップする予定です

糖質制限食 夕食 ~サプリメント摂取開始~

糖質制限の食事記録5日目です。

今日のメニューは
・生ハムサラダ
・いさき刺身
・豚肉のアスパラ巻き
・チーズ付きのこオムレツ
・なめこ味噌汁
です。

一見するとシチューのようなミルク色の物がなめこ汁です。

20121005_D_Toushitsuseigen.jpeg

何故、お味噌汁が白濁しているのかというと、『プロテイン』を大量に投入したからなんです。

今日は、栄養療法を実施しているクリニックに伺い、主治医の先生から医療用のサプリメントを処方して頂きました。

購入したのは、以下の4種類です。
1. ビタミンC
2. プロテイン
3. ビタミンB群(NB compA)
4. ヘム鉄
20121005_D_Toushitsuseigen_1

医療用サプリメントとは言え、お会計の際に 『合計○万円です!』 と言われて、内心慄いてしまいました。
とは言え、栄養療法を実践すると決めたのは自分ですし、健康管理のためにも大切な投資です。
医療用サプリメントは、栄養療法を実践する医療機関で処方して貰わないと購入ができません。
巷のコンビニや薬局等で売られている、数百円の物とは、配合成分や吸収率は比較にならない事は確かでしょう。

全国の栄養療法実践医療機関(オーソモレキュラー.jpより)
http://www.orthomolecular.jp/clinic/

サプリメント販売元
株式会社MSS
http://www.mssco.jp/service/supplement.htm

尚、私が購入したビタミンCは、処方箋不要で通販で購入可能です。
株式会社ヘルシーベスト
ビタミンC(L-アスコルビン酸)
http://www.healthybest.jp/beauty/vc.html

お味噌汁に大量に投入したプロテインですが、新たに問題が発生しました。
・ 慣れないうちに、一度に大量に摂取すると、胃持たれを生じる
・ 調理の際に熱を加えてしまうと、タンパク質が変性してしまう
 ⇒ 豆乳などに入れて、そのまま粉末を溶かして飲むのがベスト

先生からは、すり切り一杯(15g)を1日3~4回摂取するように指導されましたが、中々うまく飲めません。
最初は、小分けにして、回数を多く飲むと良いそうです。

粉末は溶けにくく、時間が経過すると沈殿してしまいます。
独特の風味もあるので、慣れるまでに時間を要する人もいると思います。

私は、朝とお風呂上りに豆乳で溶かしたプロテインを飲むことから始め、徐々に舌と身体を慣れさせていこうと思っています。

プロテイン入りのなめこ汁は、かなりグロテスクな見栄えでしたが、どうにか飲み干したのでした。
(だって、高額だし勿体無いですからね!)