Category Archives: 学術論文

ブックレビュー 『100歳まで長生きできるコレステロール革命』

先日の溝口クリニックでの座談会を受けて、
「コレステロール」に関する書籍をピックアップしてみました

100歳まで長生きできるコレステロール革命
東海大学名誉教授 大櫛 陽一

CapD20130611

 

 

 

 

 

 

 

コレステロールに関する従来の間違った常識をことごとく覆す内容です
コレステロールは、ビタミンDを生成したり、
細胞膜、胆汁酸、ステロイドホルモン、性ホルモン、脳や神経細胞の原料となります

コレステロールの脂質(油)は、そのままでは血液と馴染みにくいので、
水にも脂質にもなじむ、アポタンパクと呼ばれるものに包まれた状態で運ばれます。
アポタンパクと脂質が結びついたものをリポタンパクと呼びます

 

とかく悪者にされがちなLDLコレステロールですが、
必要なコレステロールを全身に運び届ける重要な機能を持っています

動脈硬化を生じた欠陥にLDLコレステロールが発見された事から「悪玉」扱いされてしまうようにな
ったのですが、動脈硬化を引き起こしていた、真の原因は血管炎症であり、
LDLコレステロールはその炎症を修復する目的で細胞膜の材料をせっせと運んでいただけなのです

家族性高脂血症などの一部の例外を除き、
薬などで無理にコレステロールを下げると、生体にとって必要な栄養が十分に行き渡らず
免疫機能を低下させると指摘しています

本書では、コレステロールが高い方が、
日本人は長生きしやすい事を証明したデータやグラフも掲載しています

年齢を重ねると共にコレステロール値が上昇するのも自然としています
細胞膜の材料となる訳ですが、細胞の新陳代謝が衰えるに従い、
老化を補う為にコレステロール値が 高くなるのは必要な変化という訳です


こうした裏付けデータが存在するにも関わらず、
未だにLDLコレステロール悪説が一般論として語られる背景には、
製薬メーカーによる利益偏重や学会や医師に対する見返り(多額の寄付)が存在するとの事

LDLコレステロールの基準値は米国に比較して20mg/dlも低い数値に設定されているため、
多くの人が病人(高脂血症)に仕立て上げられています

不必要なコレステロール低下治療における
その副作用に関しても警告を鳴らしています

1. 横紋筋融解
2. ミオパシー (筋肉痛、筋肉圧痛)
3. 肝機能障害、黄疸
4. 血小板減少

この他にも、うつや睡眠障害、記憶障害、発がん、多発性神経炎などの副作用も明らかになっている
そうです

 

コレステロール及び中性脂肪と様々な間違いを踏まえた上で
肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因は「炭水化物(糖質)」にあると唱え
糖質制限を推奨されています

 

巻末には、大櫛先生らが考える
健康診断の新しい基準値が付録されており、
脂質や血糖、肝機能の数値など参考になります

 

コレステロールは高い方が良いのか、低い方が良いのかについては、
各学会により意見が二極化しているそうです

 

代謝異常がある場合は例外として、
脂肪分の多い食材やコレステロールを沢山含む食品を摂取しても
生体データへの影響が無いならば、積極的に摂って行くことが望ましいと感じています

 

コレステロールという切り口から論旨が展開される本ですが、
栄養療法や糖質制限の観点からも、大変参考になる書籍です

 

ブックレビュー 『脳に効く栄養』

脳に効く栄養   -クスリに頼らず「脳と心」を健康にする!-
The Brain Chemistry Diet
マイケル・レッサー

Michael LesserMichael Lesser_2

 

 

 

 

 

 

分子整合栄養医学の開祖、ライナス・ポーリング博士と共に
オーソモレキュラーの臨床導入と普及に大きな貢献を果たした人物です

精神科医である博士は、
「うつ症状の原因は食事にある」として、
栄養学の観点から、心の病気(=脳)を治療してこられた方です。
栄養療法は、ヒトの身体や病気のメカニズムを分子レベル(細胞)から捉え、
糖質制限含めた食事療法とサプリメント摂取から
身体や脳の調和を整え、健康維持を図る療養アプローチです。
ヒトの身体は約60兆個の細胞から構成されています。

細胞は必要な栄養素を至適量摂取して、初めて正常に機能しています。
栄養が適切に補給されないと細胞が正常に機能できなくなり、
ホルモンや自律神経の異常などから、身体不調、心(脳)の病気をも引き起こすというのがベースの考え方です。

レッサー博士が本書で指摘する所によると、
『体内で起こる化学藩王のバランスが崩れた結果、うつ病や精神疾患になる。
 場合によっては、生命にも関わることすらある。』
のだそうです。

 

本中では、ノーベル賞受賞者のライナス・ポーリングが
サイエンス誌に寄せた論文との劇的な出会いについても触れられており、
ポーリングの言葉も紹介されています。
『脳の働きには、脳内に正常な状態で存在している様々な物質の量(分子濃度)が影響している。
 その人が普段の食生活から得ている分子濃度や、遺伝的に備わった分子濃度と、
 その人にとって最適な各物質の分子濃度には大きな隔たりがある場合もある。』

その後、レッサー博士は、
統合失調症に対する栄養容量が科学的エビデンスからも効果的であることを
カナダのエイブラハム・ホッファー博士とハンフリー・オズモンド博士の論文から突き止めたのでした。

レッサー自身が精神病の患者に栄養療法を試した所、
従来の治療法と比較して、劇的な改善効果があったことを認めました

 

かくして、レッサー博士は、
オーソモレキュラー精神医学アカデミー(現:国際オーソモレキュラー医学協会)に加入
精神疾患に対するオーソモレキュラー治療のエキスパートとしての地位を確立して行かれる訳です

 

前置きが随分と長くなりましたが、
本書では、脳を6つのタイプに区分し、それぞれのタイプに応じた栄養素、食べ物の摂取方法、医療検査、サプリメント、生活改善ガイドを解説しています。

 

具体的な6つのタイプは以下の通り
1. ストイックタイプ -うつ病 (例:元アメリカ大統領 アブラハム・リンカーン)
2. ガーディアンタイプ -強迫神経症 (例:レオナルド・ダヴィンチ)
3. ウォリアタイプ -人格障害 (例:預言者モーゼ)
4. スタータイプ -躁うつ病 (例:元イギリス首相 ウィンストン・チャーチル)
5. ドリーマータイプ -統合失調症 (例:ヴァン・ゴッホ)
6. ラバータイプ -不安症 (例:マリリン・モンロー)

 

これらの症状は、かなり悪化した状態を示していますが、
チェック項目を付けて自分が該当するタイプを見ると、
日常生活の行動パターンや思考パターンと合致する事も多々見られました

 

最後の章では、脳のための健康食として
加工・精製されていない自然な食品を摂る事や
オーガニック、オメガ3系の良質な脂肪酸を摂取する必要性も説いています

 
マイケル・レッサー博士の名著は、1991年に出版された
栄養・ビタミン療法 -栄養による精神的健康の改善-

Michael Lesser_3

Michael Lesser_4

 

 

 

 

 

 

今回、偶々手に取る機会に恵まれた 脳に効く栄養 は、
統合失調症やうつ病治療における、栄養療法の部分的なエッセンスが盛り込まれた内容です

本来であれば、栄養・ビタミン療法から読むべきだったのかもしれませんが、
自分の脳タイプに頷きながら興味深く読むことができました

レッサー博士の治療内容を垣間見れる一冊です

ブックレビュー 『糖質制限食のススメ』

糖質制限食のススメ  -その医学的根拠と指針―
北里大学北里研究所病院 山田 悟先生

toushitsuseigennosusume_yamada

 

~概要~

昨今の糖質制限ブームを受け、糖尿病を専門とする医師の観点から、
『糖質制限』という曖昧な言葉の定義づけを行うことで、
患者が安全且つ効果的に実行できるようなガイドラインを確立すべきと主張

様々な医学的論文からの科学的根拠を裏付け材料とし、
『糖質制限食は一日の炭水化物摂取量を130g以下にする』とする
リチャード K.バーンスタインの考えを支持
『1食の糖質量を20g以上、40g以下(1日糖質量130g以内)』を
科学的根拠に基づく糖質制限食として提唱

“ゆるい”糖質制限食の導入により、
主食を摂るライフスタイルを大きく変える事なく、負担が無い形での実践が妥当
ロバート・アトキンスが提起した「アトキンス・ダイエット」についても言及

但し、この方法では、実践に困難を伴うとしている
⇒ 栄養不足をサプリメントで補う点やケトン体増加による糖尿病患者への影響(ケトアシドーシス)、
食事の楽しみが奪われるなど

バースタイン・ダイエットの制限値幅から
1食あたり20gに糖質を制限するアトキンス・ダイエット(ケトン生産食)を差し引いた、
20g以上、40g以下の糖質制限値を推奨

 

バースタインが示す、糖質制限食の5つのメリットや糖質制限食批判への反論に至るまで、
様々な研究論文を引用する形で医学的根拠を証明

従来の治療法である、「カロリー制限」との棲み分けも踏まえた上で、
「糖質制限食」も効果的な選択肢の1つとして指導を肯定

 

~所感~

山田先生の着眼点には、なるほど!と思いました
確かに、糖質制限の実施に当たっては、明確な制限量の定義やどんな人に有効か、不適なのかの共通認識がありません。

江部先生が提唱されている、プチ、スタンダード、スーパーなどのレベル分けはありますが、
自分に合った、正確な実践方法や制限値の適正を
良く考慮しないままに、とりあえずやってみる。 というのが今の 現状
ではないでしょうか?

私の場合は、結果的にスーパー糖質制限を実行した形になり、
開始後1ヵ月目までは、全く問題ありませんでした。
ケトン体増大による身体の影響もありません。

でも、実際にはIgGアレルギー反応が出ル結果となってしまいました。

 

糖尿病やその他の疾病を患っている方にとっては、
山田先生が示される通り、医師の指導や指針に基づいて導入するのが
リスク管理の面からも最良ではと思います。

大変読み応えのある一冊です。

栄養療法 セミナー情報

MSS主催 セミナー情報
http://www.mssco.jp/seminar/

 

プラクティカルセミナー スペシャル編
場所:東京
日時:2012年12月9日(日)10:00 ~ 17:00
対象:MSS契約施設(医師、歯科医師)

 

ベーシックセミナー
すべての科で可能なサプリメント外来導入のスタートアップ
場所:東京
日時:2013年2月24日(日)13:00 ~ 17:00
対象:医師、歯科医師
http://www.mssco.jp/seminar/basicseminar_20130224_v1030.pdf

 

栄養素別セミナー
場所:東京
日時:2013年1月19日(土)(仮)13:00 ~ 17:00
対象:MSS契約施設(医師、歯科医師)

 

アドバンスセミナー
場所:東京
日時:2013年1月20日(日)10:00 ~ 17:00
対象:対象:MSS契約施設(医師、歯科医師

 

ターゲットセミナー 免疫(仮)
場所:名古屋
日時:2013年2月10日(日)10:00 ~ 17:00 未定
対象:MSS契約施設(医師、歯科医師)

 

ターゲットセミナー 貧血・女性の健康(仮)
場所:東京
日時:2013年3月10日(日)10:00 ~ 17:00 未定
対象:MSS契約施設(医師、歯科医師)

 

*詳細に関しては、MSSに直接お問い合わせください
http://www.mssco.jp/info/contact.htm