Category Archives: 未分類

ビタミンCと健康

日本人はビタミンCが足りていません。

一日のビタミンCの摂取量目安を厚生労働省が定めています。

 どれくらいかというと、100mg/一日です。

しかし、これでは、現代社会の中では十分ではありません。

ストレスなどでもビタミンCは破壊されるため、十分な量を取り切れていないのです。

また、ビタミンCもその元材料により、成分的な違いが出てきます。

必要なビタミンCは、アスコルビン酸と呼ばれるビタミンCだと言えます。

これは、厚生労働省の基準摂取量のベースとなる成分です。

自然からというような形で、ビタミンCもいろいろなものが出ているのですが、

下に紹介しているビタミンCがいいようです。

 

 

ビタミンCは、

point036_06 ビタミンCの注目すべきポイント

  • コラーゲン合成の材料となる (ビタミンC以外に、プロリンやリシンなどのタンパク質や鉄も必要)
  • 抗酸化作用、免疫増殖作用
    ⇒ 風邪予防、癌細胞の殺傷、生体への抗酸化作用、アンチエイジング
  • 人間が体内で合成できない為、外部から摂取する必要がある
  • 標準摂取量の実に100~1,000倍以上を摂取する事で初めて効能を発揮する
  • 経口摂取での抗がん作用があるという研究論文が存在する
  • 酸化型のビタミンC (デヒドロアスコルビン酸)は、
    グルコーストランスポーターを介して細胞内へ取り込まれるためブドウ糖と拮抗する

というようなポイントがあります。

 

かなりの量を取ることで、健康になります。実際、筆者も含め、友人でビタミンCを飲んでいる人に話を聞くと、今年の冬は風邪をひかないという話をしています。

 

1時間に1回1グラムを飲むくらいがいいようです。スプーン1杯!

 

健康のためにも、ビタミンCは必須ですね。

血糖値測定は必須です

糖質制限の基本的な考え方として、急激な血糖値上昇を抑えるということがあります。

血糖値が急激に上昇することで、インシュリンが分泌され、低血糖状態に入るメカニズムをいかに抑えていくのかが、糖質制限の基本となります。

では、自分の血糖値をしっかり測っているでしょうか?

低糖質ダイエットを行う際に、自分の血糖値も把握せずに始める場合があります。

これでは、自分の健康状態を全く把握しないまま、無理な食事制限となってしまうことに繋がってしまいます。

しっかりと、自分の血糖値は把握しておきましょう。

その中で、低糖質の食事がどれくらいの効果を発揮するかを、測定値を見ながら把握していただきたいと思います。

 

分子整合栄養学

こちらにお引越ししました

http://eiyouryouhou.jp/

ナチュラルハイジーン実践講座

 

以前にこちらで紹介した 「フィット・フォー・ライフ」 の翻訳者であり、
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会の松田先生の講演会に参加して来ました

 

『松田麻美子先生のナチュラルハイジーン実践講座』
 ~6回シリーズ・プログラム~

 

今回は、6回シリーズのうち、第3回目に当たる東京での講演会です

テーマ
【基本原則3】 健康とは健康的な生活の結果である ~健康の7大要素~

 

分子整合栄養医学ナチュラル・ハイジーン

 

両者は対極にある訳ではありません
考え方を同じとする項目もあれば、大きく異にする部分もあります

 

ナチュラル・ハイジーンの基礎となる考え方は
基本的には「ベジタリアン」だと理解しています

 

栄養療法が強く主張する動物性タンパク質は
摂取すべきではないという見解を示しています

 

今回の講演で伺った内容は、健康の7大要素

1. 新鮮な空気
2. 純粋な水
3. 体にとって生物学的に受け入れられることが出来る食べ物
4. 十分な休養と睡眠
5. 十分な運動
6. 日光
7. ストレス・マネジメント

 
講演の中心は、自ずと
「3. 体にとって生物学的に受け入れられることが出来る食べ物」 になります

 

松田先生曰く、

戦後(1950年以降)、日本人の寿命が飛躍的に伸びたのは、
動物性タンパク質(肉や乳製品)の摂取量が増加した事に起因しない

清潔な環境を保つインフラ整備や医療技術の発展、薬の開発など、
様々な要素も考えるべき

肺炎や結核が死因の殆どを占めていたが、
心臓病や癌が取って代わるようになり、現状は「病気」の状態で延命しているだけに過ぎない

動物性タンパク質は癌細胞のスイッチをオンにし、
総コレステロールや認知症、糖尿病、関節リウマチの罹患率を上昇させている
動物性タンパク質の不足を危惧し、
積極的な摂取を進めるのは30年前の米国における栄養学のレベル

という主旨のお話をなさっていました

 

実際に、ブロッコリーや小松菜、レタスとステーキを比較した場合
同量分に含まれるたんぱく質の量は、野菜の方が上回っている事をグラフで示されています

カルシウムに関しても同様です
牛乳を飲むよりも、緑黄色野菜の方が、多くのカルシウムを含有しているそうです

 

動物性タンパク質の摂取が身体に及ぼす害を
厚生労働省の統計データや第二のマクガバン報告 から引用、解説なさっています

 
故に、ナチュラル・ハイジーンでは、
身体を清潔に保つ、未精製・未加工の野菜や果物、ナッツ類を中心としたホールフードから
栄養素を得るという考えに根ざしているのです

 

 

講演の冒頭では、先日、両乳房切除、再建手術を受けたことを公表した
ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーについて話が及びました

 

遺伝子検査により「BRCA1」という
がん抑制遺伝子に変異があることを知り施術に至ったと報道されています

彼女の母親は2007年、56歳の時に乳がんで亡くなっています

 

ナチュラル・ハイジーンに基づく食事療法を実践し、身体を最良なコンディションに保っていれば
こうした、遺伝子(疾患の遺伝)もコントロールする事が可能なのだそうです

 

ナチュラル・ハイジーンが提唱する八大原則の第四の原則には、以下の文言があります

“遺伝子の働きは栄養次第である。
遺伝子はそれ自体、病気を決定するようなことはない。
遺伝子は、活性化されるか、発現されることによってのみ働く。
どの遺伝子が発現されるかは「栄養」が決定権を握っている。

ガンを引き起こす遺伝子はタンパク質の摂取と深く関係している。
動物性タンパク質の摂取量を調節するだけで、悪い遺伝子の活動をONにしたりOFFにしたりできる。”

 

分子整合栄養医学は 「分子(細胞)レベルで身体の自然治癒力を高める」 と謳っていますが、
ナチュラルハイジーンは 『遺伝子レベル』 にまで作用を及ぼす訳ですから

更にその上を行っているのでしょう

 

根本的な意見や価値観、根拠を異にする講座に参加し、
素朴な疑問や違和感は持ちつつも、大いに刺激を受け、感化された事は事実です

空腹の状態であれば、血糖の事は考えず、バナナやリンゴなどの果物は
気にせず食べての良いのかもしれない…とすら思うようになってきました

同時に、今現在、大量に摂取している動物性タンパク質は、
血液検査の総タンパクやBUNを上昇させたとしても、

結果的にはアンモニアやニトロソ化合物、AGEを産出し、身体に負担を掛けているのかもしれません

 

 

相容れない考え方を単純に批判・拒否するのではなく、
論拠やエビデンスをヒアリングする事で、新たな発見が見つかります

場合によっては、明日からベジタリアンに大変身する程の衝撃や大転換を与える事もあるでしょう

 

違う世界や考え方を知り、その内容に触れてみる事は、
栄養療法や糖質制限のあらゆる事項を盲目的に信じ

近視眼的思考に陥ってしまうリスクを回避してくれます

 

より客観的な立場で見る事の重要性を気付かせてくれました

 

会場は200人以上が集まり満席状態

IMAG3597

 

 

 

 

 

出展していたブースも大盛況

IMAG3591

 

CapD20130807

 

 

 

 

 

IMAG3595

 

 

 

 

IMAG3596

 

 

 

 

 

 

遅延性フードアレルギーの検査会社を行っている
アンブロシア株式会社 もブースを出展していました

IMAG3586

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMAG3589

 

 

 

 

 

ローフードの料理実践講座も開催されているようですので、
ご興味のある方はチェックしてみて下さい

 

日本ナチュラル・ハイジーン普及協会
Japan Natural Hygiene NetWork
http://www.natural-hygiene.org/Pages/default.aspx

NHK Eテレ SWITCHインタビュー 達人達 「アントニオ猪木×天野篤」

4月からNHKにて、異分野の達人が出会う新番組が始まりました。

第1回目の放送は、アントニオ猪木と天野篤先生です

天野先生と言えば、先ごろ天皇陛下の冠動脈バイパス手術を手がけた順天堂大学の教授です
天野先生が猪木の熱狂的なファンという事で、今回の対談が実現したそう

番組冒頭では、天野先生がアントニオ猪木をご自身のホームである
順天堂大学の手術室に迎え、血管縫合の実演を織り交ぜつつ、
手術に人生を照らし合わせた重要なポイントや分岐点を語らいます

 

順天堂大学の手術室にて

 CapD20130414_5

 

 

 

 

後半では、アントニオ猪木の庭であるリングへ

猪木氏の生い立ちや人となり、これまで携わってきたプロレス興行やサイドビジネスへの挑戦にスポットを当て、
燃える闘魂」の人生に迫っています

リング上で対談する二人

CapD20130414_2 

CapD20130414_1 

 

番組途中、猪木氏がプロレスの技について、
「何事も力任せにするのではなく、テクニックとコツを使って相手を痛めつける…」
という趣旨を説明する場面があります

この時、実技の場で相手役として出てきた若手のプロレスラー
定 アキラ
http://www.igf.jp/fighter/akira-joh/

なんと、あの溝口クリニックの栄養カウンセラー 定先生のご子息でいらっしゃるそう!

 

猪木に技を掛けられる定アキラ

CapD20130414_4

 

 

 

 

 

い、痛そう…

 CapD20130414_3

 

 

 

 

最後には、皆でお決まりの 『 1.2.3.ダー!

CapD20130414

 

 

 

 

天野先生 最高の笑顔ですね

 

流石に、猪木が天野先生に気合を入れる(ビンタ)事はありませんでした
(ちょっと期待していたんですが。。。)

色々な意味で面白過ぎる番組でした

 
アントニオ猪木×天野篤は、大好評につき再放送が決定したそうです
Eテレ4月28日(日)午後3時から

見ていない方はどうぞこの機会をお見逃しなく

 

NHK Eテレ SWITCHインタビュー 達人達
http://www4.nhk.or.jp/switch-int/

救命講習の受講

東京消防庁では、都民を対象とした救命講習を開催しています。

心肺蘇生やAEDの使い方に興味はあったものの、実際に体験出来る機会がありませんでしたので
今回最寄の消防署に出向き、講習を受けてきました。

各消防署によって実施内容や日時は違います。
自分が住んでいる地域と管轄は異なっても良いようです。
私も、自分が住んでいる区とは違う区にある消防署で講習を受けました。

 

事前に電話で予約申し込みをします。
参加費用は1,400円 (随分と立派な教科書が付いてきました…)

CapD20130411

 

 

 

 

 

年度初めの平日の午前中
参加人数はまばら…と高をくくっていたら大間違い

企業参加も含め15名と思ったよりも大人数でした

 
到着すると既に上半身だけの心肺蘇生用の人形が置いてあります

CapD20130411_4

 

 

 

 

 

 

赤ちゃん用の人形も…
CapD20130411_3

 

 

 

 

この日の訓練内容は、
・心肺蘇生(実技)
・AEDの使い方(実技)
・異物除去、止血法 (口頭説明)
でした。

担当講習官は、元消防署OBの方でした

 

急病人は、いつ何時、どのような環境下で発生するか分かりません。
駅のホームで倒れて意識が遠のいた、ランニング中に突然発作を起こす、交通量の多い道路上で出血している

1. 先ずは自分の安全を確認、傷病者に声をかける

2. 周囲に助けを求める
『誰か来て下さい!』 『人が倒れています!』

3. 周囲に具体的な指示を出す
『あなたは119番通報をして下さい』
『○○さんは、AEDを持って来て下さい』

やみくもに、119! AED!と言っても、周りの人間は中々動いてくれないそうです。
きちんと、指名してお願いする事が必要なんだそう

また、切迫した状況下では、「救急車を呼んで!」と伝えても、
慌ててしまい、間違えて110番通報をしてしまう事も多々あるそうです
明確に「119」と伝える事でタイムロスも少なくなるそう

4. 呼吸の確認
傷病者の呼吸の有無を10秒以内に確認

5. 心肺蘇生
胸骨圧迫30回に人工呼吸2回を繰り返します

CapD20130411_8

 

 

 

 

人工呼吸の訓練に際しては、一方向弁付呼気吹き込み用具も支給されます。
人工呼吸の際、傷病者に空気を送り込む事は可能ですが、吸い込む事は出来ないようする為のシートです

CapD20130411_6

 

 

 

B型肝炎やエイズなど、ウィルス感染を防ぐ役割があります。

 

6. AED
AEDが周囲にある場合には、AEDと心肺蘇生を組み合わせて行います
AEDが到着したら電源を入れ、音声やイラストに従って電極パッドを胸に貼る

心電図解析と電気ショックの際は、傷病者から離れます

CapD20130411_7

 

 

 

 

 

最近のAEDの中には、用具を開けた瞬間に自動で電源がオンになる機種もあるそうです

実際には、生身の人間の身体を相手にする訳ですので、
人形よりも重く、怪我をしていたり、出血している場合も考えられます。

小児や乳児に対しては、片手や指2本で行うなど、手技は異なります。

7. 心肺蘇生の再開
再び胸骨圧迫30回×人工呼吸2回のインターバルを繰り返し、
2分後に再びAEDによる電気ショックが再装されます

救急隊が到着するまで繰り返します

 CapD20130411_2

 

 

 

 

 

You Tubeに、日本赤十字社による救命処置もアップされています。

【日本赤十字社】 一次救命処置(BLS)~心肺蘇生とAED
http://www.youtube.com/watch?v=qYea586_U9s&feature=youtu.be

 

東京都内では、救急車がかけつけるまでに6~7分はかかるそうです
到着までの間、応急手当を施した場合としない場合では助かる率は違います。

極限状態では、訓練通りにスムーズにいかない場合もあろうかと思いますが
少しでも知識があれば、緊急時であってもある程度対応する事はでしょう。

いざという時のために役立てるようにしたいですね。

 

東京消防庁による救命講習会
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/life01-1.htm

 

イラストはこちらから東京消防庁からお借りました
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/life01-2.html

NHKスペシャル 完全解凍!アイスマン ~5000年前の男は語る~

NHKスペシャル 完全解凍!アイスマン

アルプスの氷河から発見された5300年前の古代人の遺体
発見されてから20年あまり経過した今
初めて冷凍保存状態から解凍し、解剖・調査の一幕を追ったドキュメンタリーです

CapD20130328_4

 

 

 

 

5300年前の人類がどのような生活を送っていたのか
様々な専門家が集結し、大規模な調査が執り行われました

小腸や脳、皮膚など合計149点ものサンプルを身体の各部位から採取
胃の内部からは、200gもの内容物が取り出されました

CapD20130328_2

 

 

 

 

CapD20130328_3

 

 

 

 

こんな塊が体内に残っているとは!

電子顕微鏡で解析したところ、
動物の脂肪や毛、ハーブなどの植物、加えて、パンを食していた事が判明したそうです

番組による解説曰く、古代人もハーブを用いて調理を行い、
よりを美味しい食事をしていたと言っていました

勿論、そういう要素もあるのかもしれませんが、
どちらかと言うと「解毒剤」としてハーブ類を食べていたのではないかなとの考えに素人ながら至りました
アイスマンは煤(すす)を使って刺青を入れていましたが、
この刺青の箇所は、東洋医学の鍼灸治療(ツボ)の位置と重なることが判明したそうです

CapD20130328_1

 

 

 

 

実際に、このアイスマンは腰痛(腰椎すべり症)を患っていたことがX線写真から認められ、
針治療を受けていた可能性もあるそうなのです

 

中国で鍼灸資料が確立されるはるか昔から、
ヨーロッパでこの治療が既に実践されていた事には驚きを隠せません
番組終盤では、アイスマンが死に至った経緯に関しても検証がなされています

 

小腸に残されていた食物から、死亡数日前までの活動内容を推測
そこからは、アイスマンがアルプスの険しい山道を上り下りしていたことが判ります

それは、誰かに命を狙われていたから

事実、左肩には矢尻が埋まっており、大動脈が傷つけられていました
背中側から何者かによって矢で襲われたのだそう

彼を確実に殺害するため、弓矢で襲ったのちに、石で殴ってとどめを刺した痕跡すらありました
アイスマンの後頭部には大量出血した跡があり、赤血球が沢山採取された事実から分かったそうです

 

5000年前の太古の時代においても、人間には殺意が芽生え、争いが存在していたと…

 

4大文明が築かれる以前の時代に光を当てた今回の解明は
我々現代人にとって様々な事柄を啓示していると言えます

しかしながら、現代の我々の科学技術や知識では、
解明できない事がまだまだ沢山残っているのも確かです

事実、アイスマンの体内から取り出されたサンプルのいくつかは元に戻され、
将来における解剖研究にその機会を託されました

 

極寒の中で完全な状態で冷凍保存された自然のミイラ

その発見から冷凍、解凍、解剖調査に至るまでを追った興味深い番組でした

 

敢えて言うならば、途中で登場する、阿部寛の寸劇は不要だと感じました
『ガイアの夜明け』 に出てくる、江口洋介の寸劇も毎回要らないなぁと思って、録画映像を早送りで飛ばすんですが…

糖質制限の観点から、江部先生もブログで紹介なさっています

糖質制限レストラン 銀座 銀座 ラ・トゥール

先日紹介した、山田悟先生による著書
外でいただく“糖質制限食” 奇跡の美食レストラン に掲載されている
銀座 ラ・トゥール (GINZA LA TOUR)の糖質制限コースを食べて来ました。

当日の予約にも関わらず、すんなりと予約が取れました。

 

同伴してくれた友人は一般のコースを注文しましたので、
コースを同じ種類にしなくとも大丈夫なようです。

場所は銀座6丁目
バーニーズニューヨークの上の飲食ビル内に位置します

外観
冬夜のキーンと済んだ空気の中のイルミネーションは綺麗です

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_1

 

 

 

 

 

 

店内の様子

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_3

 

 

 

 

 

 

 

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_5

 

 

 

 

 

 

 

 

若干かしこまった感じのお店ではありますが、思いの外若い方がカジュアルな格好でいらしていました。
皆さん、誕生日やお祝い事などの記念日にいらっしゃる方が多いみたいです。

本日のメニュー

栃木軍鶏の低糖質メニュー
糖質量22.9g 10,000円

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミューズ
猪肉なんて珍しいですね~

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_6

 

 

 

 

 

 

 

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_7

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリー
ブルーの皿に爽やかなヨーグルト風味の濃厚ソースが口に広がります

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_8

 

 

 

 

 

 

 

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリー
ラ・トゥールと言えば、オマールエビが有名です
エビのぷりぷりとした触感が最高です!

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スープ
白舞茸のカプチーノスープ

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉料理
栃木シャモのロースト
赤ワインのソースが素晴らしく、糖質制限メニューとは思えない出来栄えです

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_12

 

 

 

 

 

 

 

 

低糖質パン

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_13

 

 

 

 

 

 

 

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_14

 

 

 

 

 

 

 

 

デザート
イチゴのムースとアイスクリームを頂くのは至福の時です♥

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_15

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーには自家製ラスクも付きます

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_16

 

 

 

 

 

 

 

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_17

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらでは、自家製ラスクも販売しています。
シュガーカットかパルスイート(記憶が定かではありません)を使用しているので
一応、低糖質スイーツにはなっているそうです。

イチゴ味を購入♪

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20130111_D_Toushitsuseigen_ginzalatour_19

 

 

 

 

 

 

 

糖尿病患者や糖質制限者でも一般メニューと変わらない内容を
存分に味わって欲しいというシェフの意気込みから生まれたメニューだそうです

他の方のブログを拝見しますと、以前は予約制だった糖質制限メニューは
今では通常メニューでいつでも提供できる…との記載もありました。

IgGアレルギーの為、乳製品・卵関係は一切摂取すべきではありませんが、
今日だけはOKとしました。

 
銀座 ラ・トゥール (GINZA LA TOUR)
http://www.ginzalatour.com/index.php

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13030880/

 

メルマガ発行

糖質制限を主体とした栄養療法に関するメルマガを発行していく予定です。
準備中ですので、今暫くお待ちください。

メルマガの内容に関するリクエスト、質問がありましたらコメント欄からお願いします。
参考にさせて頂きます。

糖質制限のスタートにあたって

糖質制限を実施する生活記録です

低血糖症の疑いがあると診断され、タンパク質や鉄、ビタミンの不足も指摘された為に糖質制限を始めました。

日々の献立や外食の内容、血糖値を上昇させない間食など…を記載していきたいと思います。

糖質制限初心者です。
在宅勤務なので、基本は3食手作りしコントロールできますが、
仕事で多忙な時もあるので、余り物が中心だったり、手抜きが散見されたり、焼き魚の向きやお椀の位置が正しくなかったり…とあるかもしれませんが、どうぞご容赦下さいね。

自分の血糖値測定や高濃度ビタミンC点滴、 IgG検査(遅延型アレルギー)についても経過観測の状況についてアップする予定です。