Author Archives: admin

ビタミンCと健康

日本人はビタミンCが足りていません。

一日のビタミンCの摂取量目安を厚生労働省が定めています。

 どれくらいかというと、100mg/一日です。

しかし、これでは、現代社会の中では十分ではありません。

ストレスなどでもビタミンCは破壊されるため、十分な量を取り切れていないのです。

また、ビタミンCもその元材料により、成分的な違いが出てきます。

必要なビタミンCは、アスコルビン酸と呼ばれるビタミンCだと言えます。

これは、厚生労働省の基準摂取量のベースとなる成分です。

自然からというような形で、ビタミンCもいろいろなものが出ているのですが、

下に紹介しているビタミンCがいいようです。

 

 

ビタミンCは、

point036_06 ビタミンCの注目すべきポイント

  • コラーゲン合成の材料となる (ビタミンC以外に、プロリンやリシンなどのタンパク質や鉄も必要)
  • 抗酸化作用、免疫増殖作用
    ⇒ 風邪予防、癌細胞の殺傷、生体への抗酸化作用、アンチエイジング
  • 人間が体内で合成できない為、外部から摂取する必要がある
  • 標準摂取量の実に100~1,000倍以上を摂取する事で初めて効能を発揮する
  • 経口摂取での抗がん作用があるという研究論文が存在する
  • 酸化型のビタミンC (デヒドロアスコルビン酸)は、
    グルコーストランスポーターを介して細胞内へ取り込まれるためブドウ糖と拮抗する

というようなポイントがあります。

 

かなりの量を取ることで、健康になります。実際、筆者も含め、友人でビタミンCを飲んでいる人に話を聞くと、今年の冬は風邪をひかないという話をしています。

 

1時間に1回1グラムを飲むくらいがいいようです。スプーン1杯!

 

健康のためにも、ビタミンCは必須ですね。

血糖値測定は必須です

糖質制限の基本的な考え方として、急激な血糖値上昇を抑えるということがあります。

血糖値が急激に上昇することで、インシュリンが分泌され、低血糖状態に入るメカニズムをいかに抑えていくのかが、糖質制限の基本となります。

では、自分の血糖値をしっかり測っているでしょうか?

低糖質ダイエットを行う際に、自分の血糖値も把握せずに始める場合があります。

これでは、自分の健康状態を全く把握しないまま、無理な食事制限となってしまうことに繋がってしまいます。

しっかりと、自分の血糖値は把握しておきましょう。

その中で、低糖質の食事がどれくらいの効果を発揮するかを、測定値を見ながら把握していただきたいと思います。

 

かんたん糖質制限食.net

糖質制限に関するサイトのご紹介です

糖質制限を上手に利用して、健康的にダイエットするためのサイトが開設されました

コンビニで手に入れられる糖質制限フードやお酒、
ダイエットのポイントなどが紹介されていて非常に有益なサイトです。

詳しくはこちらを
かんたん糖質制限食.net

1

分子整合栄養学

こちらにお引越ししました

http://eiyouryouhou.jp/

栄養療法について ふと思う事


分子整合栄養医学のセミナーや勉強会に参加した後に

講義が開催された施設を抜けて一歩外に出ると、そこには都心の繁華街が広がります

 

CapD20130807

 

 

 

 

 

栄養療法という、極めてニッチで専門的でミクロな領域から
ごくありふれた日常へと突然放り出されるのです

 

およそ栄養両方には全く関心が無いであろう人々が忙しなく行き交い
仕事なり、買い物なり、散歩なり、
各々の目的を果たしながら通り過ぎていきます

 
クリニックから通りを一本外れればそこは東京のカオス

 

殊、新宿にはいろんな種類のヒトが存在します

 
新宿二丁目のホモやゲイや女装家らが集う異次元空間が広がり
伊勢丹に入れば、煌びやかな内装や流行の商品に誘惑され
歌舞伎町方面へと足を延ばせば、ありとあらゆる欲に満ちた世界が押し寄せて来る訳です

 

 

 

単なる細胞の集合体でしかない我々人間は何の為に生きているのか?

細胞が固まりでしかたない固体が、どうして1つ1つ他人と異なるのか

心の底から湧きあがってくる悩みや悲しみや喜びの感情
これは一体どこからやって来るのか?

 

情報の洪水に溺れ、雑多な出来事に苛まれつつも
人生の喜怒哀楽にどうにか折り合いをつけて生きている毎日

 

普通の人は細胞がどのような働きをしているかだなんて考えないですし
今この瞬間、臓器が正常に動いている事を実感する事も勿論ない

 

病気や心の苦しみを癒すのに栄養やら細胞やらの話なんかしたら、
頭が相当イッちゃってると思われる….

 

細胞や栄養素のメカニズムに虜になり
栄養療法の魅力にはまってしまった人間にとっては避けては通れない現実
そんな事を常々考えてしまいます

 

ナチュラルハイジーン実践講座

 

以前にこちらで紹介した 「フィット・フォー・ライフ」 の翻訳者であり、
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会の松田先生の講演会に参加して来ました

 

『松田麻美子先生のナチュラルハイジーン実践講座』
 ~6回シリーズ・プログラム~

 

今回は、6回シリーズのうち、第3回目に当たる東京での講演会です

テーマ
【基本原則3】 健康とは健康的な生活の結果である ~健康の7大要素~

 

分子整合栄養医学ナチュラル・ハイジーン

 

両者は対極にある訳ではありません
考え方を同じとする項目もあれば、大きく異にする部分もあります

 

ナチュラル・ハイジーンの基礎となる考え方は
基本的には「ベジタリアン」だと理解しています

 

栄養療法が強く主張する動物性タンパク質は
摂取すべきではないという見解を示しています

 

今回の講演で伺った内容は、健康の7大要素

1. 新鮮な空気
2. 純粋な水
3. 体にとって生物学的に受け入れられることが出来る食べ物
4. 十分な休養と睡眠
5. 十分な運動
6. 日光
7. ストレス・マネジメント

 
講演の中心は、自ずと
「3. 体にとって生物学的に受け入れられることが出来る食べ物」 になります

 

松田先生曰く、

戦後(1950年以降)、日本人の寿命が飛躍的に伸びたのは、
動物性タンパク質(肉や乳製品)の摂取量が増加した事に起因しない

清潔な環境を保つインフラ整備や医療技術の発展、薬の開発など、
様々な要素も考えるべき

肺炎や結核が死因の殆どを占めていたが、
心臓病や癌が取って代わるようになり、現状は「病気」の状態で延命しているだけに過ぎない

動物性タンパク質は癌細胞のスイッチをオンにし、
総コレステロールや認知症、糖尿病、関節リウマチの罹患率を上昇させている
動物性タンパク質の不足を危惧し、
積極的な摂取を進めるのは30年前の米国における栄養学のレベル

という主旨のお話をなさっていました

 

実際に、ブロッコリーや小松菜、レタスとステーキを比較した場合
同量分に含まれるたんぱく質の量は、野菜の方が上回っている事をグラフで示されています

カルシウムに関しても同様です
牛乳を飲むよりも、緑黄色野菜の方が、多くのカルシウムを含有しているそうです

 

動物性タンパク質の摂取が身体に及ぼす害を
厚生労働省の統計データや第二のマクガバン報告 から引用、解説なさっています

 
故に、ナチュラル・ハイジーンでは、
身体を清潔に保つ、未精製・未加工の野菜や果物、ナッツ類を中心としたホールフードから
栄養素を得るという考えに根ざしているのです

 

 

講演の冒頭では、先日、両乳房切除、再建手術を受けたことを公表した
ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーについて話が及びました

 

遺伝子検査により「BRCA1」という
がん抑制遺伝子に変異があることを知り施術に至ったと報道されています

彼女の母親は2007年、56歳の時に乳がんで亡くなっています

 

ナチュラル・ハイジーンに基づく食事療法を実践し、身体を最良なコンディションに保っていれば
こうした、遺伝子(疾患の遺伝)もコントロールする事が可能なのだそうです

 

ナチュラル・ハイジーンが提唱する八大原則の第四の原則には、以下の文言があります

“遺伝子の働きは栄養次第である。
遺伝子はそれ自体、病気を決定するようなことはない。
遺伝子は、活性化されるか、発現されることによってのみ働く。
どの遺伝子が発現されるかは「栄養」が決定権を握っている。

ガンを引き起こす遺伝子はタンパク質の摂取と深く関係している。
動物性タンパク質の摂取量を調節するだけで、悪い遺伝子の活動をONにしたりOFFにしたりできる。”

 

分子整合栄養医学は 「分子(細胞)レベルで身体の自然治癒力を高める」 と謳っていますが、
ナチュラルハイジーンは 『遺伝子レベル』 にまで作用を及ぼす訳ですから

更にその上を行っているのでしょう

 

根本的な意見や価値観、根拠を異にする講座に参加し、
素朴な疑問や違和感は持ちつつも、大いに刺激を受け、感化された事は事実です

空腹の状態であれば、血糖の事は考えず、バナナやリンゴなどの果物は
気にせず食べての良いのかもしれない…とすら思うようになってきました

同時に、今現在、大量に摂取している動物性タンパク質は、
血液検査の総タンパクやBUNを上昇させたとしても、

結果的にはアンモニアやニトロソ化合物、AGEを産出し、身体に負担を掛けているのかもしれません

 

 

相容れない考え方を単純に批判・拒否するのではなく、
論拠やエビデンスをヒアリングする事で、新たな発見が見つかります

場合によっては、明日からベジタリアンに大変身する程の衝撃や大転換を与える事もあるでしょう

 

違う世界や考え方を知り、その内容に触れてみる事は、
栄養療法や糖質制限のあらゆる事項を盲目的に信じ

近視眼的思考に陥ってしまうリスクを回避してくれます

 

より客観的な立場で見る事の重要性を気付かせてくれました

 

会場は200人以上が集まり満席状態

IMAG3597

 

 

 

 

 

出展していたブースも大盛況

IMAG3591

 

CapD20130807

 

 

 

 

 

IMAG3595

 

 

 

 

IMAG3596

 

 

 

 

 

 

遅延性フードアレルギーの検査会社を行っている
アンブロシア株式会社 もブースを出展していました

IMAG3586

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMAG3589

 

 

 

 

 

ローフードの料理実践講座も開催されているようですので、
ご興味のある方はチェックしてみて下さい

 

日本ナチュラル・ハイジーン普及協会
Japan Natural Hygiene NetWork
http://www.natural-hygiene.org/Pages/default.aspx

8月 新宿 溝口クリニック 座談会

 

8月6日に開催された、栄養療法の溝口先生による座談会に参加してきました。
座談会のテーマは  『栄養療法とクリニックについて

2013-0806-152742571

 

 

 

 

 

7月の座談会にてアナウンスがあった通り、
8月・9月の座談会は、患者交流会・情報交換会 という主旨で進められます

 

参加人数は15名程度
大半が、これから栄養療法を始めようと思っている方のようでした

 

冒頭では、溝口先生より栄養療法の概略について説明

■細胞の機能
 細胞を構成している物質と細胞をはたらかせる物質の濃度によって決まる

■細胞を構成する物質も、細胞をはたらかせる物質も常に入れ替わっている
 生体恒常性(ホメオスタシス)の維持

 

結局の所、最適な濃度は通常の食事からは得られる事が出来ないので
サプリメントで補いましょうという結論に帰着するようです

 

ここで言う、最適な栄養素の濃度とは、固体差がある為、
同じ食べ物を食べていても、同じような疾患を抱えていても、
私と貴方では、身体にとって最適な量は全く異なります

 

厚生労働省が指定する、
ビタミンやミネラルの基準量を遥かに超過する量を摂取しなければならない場合もあるのです

 

厚生労働省発表
平成21年5月29日

日本人の食事摂取基準」 (2010年版)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html

 

後半では、参加者同士が質問や意見交換を行う形式で進められました

参加者の方から挙がったコメントです

・鍼灸師
個人的に栄養療法の勉強をしている
現代の医学部と同じように、東洋医学の世界でも 『栄養学』 について学ぶ機会はほぼ無い
不眠などで通っている患者に(漢方処方よりも)有効なのでは?と思い自主的に参加した

 

・母親
子供(3,4歳)に発達障害がある
ネットで調査をし、発育に効果があると思われるサプリを自己流で摂取をしているものの、
具体的にどんな種類のサプリをどの程度飲めば良いのか分からない
 
母乳を止めて以降、牛乳を毎日大量に摂取しているが、ネットで調べる限りではやめた方が良いという書き込みが多い。 やはり、牛乳は与えない方が良いのか?

 

・一般
親戚が統合失調症と診断され、十数年治療中
栄養療法でどこまで改善が見込まれるのか?
精神科という専門の病院で長らく見て貰っているので、
果たして栄養療法で治るのか正直不安はある 
母親の褥瘡治療にも栄養療法を生かしたいと考えている
現状お世話になっている主治医との関係を壊さずに、栄養療法を取り入れるコツは?

 

・双極性障害、うつの患者 (溝口クリニック通院中)
 パニック、不眠、気分の落ち込みがあったが医療用サプリを摂取し始めたら著効した
 症状も大分改善された
 安価な海外サプリメントも出回っているが、経済的に余裕があればMSSのサプリをお薦めする

 

などなど、皆さん思いの丈をぶつけ合う素晴らしい積極的な会となりました。

 

栄養療法に関しては、体系的な情報が存在しておらず、ネットでも情報が限られています。

 

近くで、栄養療法を実践しているクリニックが存在したとしても、
その先生が実際にどのような方か、どういう治療方針かが分からないので、
皆さん不安に感じているのだという印象を受けました

 

栄養療法を実践中、或いは、これから取り入れようとしているドクターの方がいれば
都心や地方に関わらず、どんどんネットや書籍で情報発信して欲しいと思いました

 

次回の座談会

日程: 9月3日 (火曜日)
場所: 新宿溝口クリニック セミナールーム(御苑前311ビル4階)
定員: 約35名
費用: 無 料
<対象者>
・医療機関で栄養療法を行っている方とその家族やお知り合い
・受診を検討されている方など

15:30 ~ 16:15 患者交流会・情報交換会
16:15 ~ 16:30 クリニック受診説明会(医師による診療相談ではありません)

申込みはこちら
http://www.shinjuku-clinic.jp/form_seminar/general_s02.pdf

AneCan 10月号 糖質制限特集

2013年9月6日発売の姉キャンでは
目指せ!糖質オフでかわイイ女!」 という特集が組まれるようです

CapD20130807

 

 

 

 

 

 

 

即効性がありカロリー制限や食べるボリュームに制限の無い糖質オフダイエットと
甘すぎない秋のファッションコーディネイトを掛けた内容っぽいです

 

実録!糖質オフダイエット のタイトルも見えます

 

読者モデルあたりを使って、
ダイエットのBefore → After的な事も紹介するのでしょうか…

 

糖質制限は、端的に言ってしまえば
『炭水化物や精製された砂糖、甘いお菓子や果物さえ抜けば何を、どの位食べてもOK!』
という、非常に分かりやすい内容ですし、目に見えて効果が短期間で現れやすいです

 

女性誌にとっては、恰好のネタですね

 

来月発売ですが、どういう内容に仕上がっているのか気になります

 

糖質制限レストラン 青草窠 (せいそうか) 広尾・天現寺

 

広尾にある懐石料理屋
青草窠(せいそうか)にて素適な低糖質コース ランチを頂いてきました

場所は交差点の直ぐそば
天現寺スクエアの所にあります

ギャラリーを思わせる門構え
気付かないで通り過ぎてしまうかもしれません

IMAG3598

 

 

 

 

 

IMAG3599

 

 

 

 

 

IMAG3600

 

 

 

 

 

 

事前に予約していたので茶室風に誂えた個室に通して頂きました

IMAG3601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMAG3603

 

 

 

 

 

IMAG3604

 

 

 

 

本格的な茶室でにじり口まで設えてあります
掘りごたつ式のテーブルです

 

 

奇跡の美食レストラン』  には、
青草窠の昼コースは、6,300円、12,600円、20,000円と3種類ありますが、
現在は12,600円、20,000円のいずれかだそうです

写真は撮影出来ませんでしたが、こちらの割烹にはカウンター席もありました
前日予約で1名から利用可なので、お一人ランチにも良いかもしれません

 

 

コース内容

低糖質コース 昼 12,600円  (昼夜ともサービス料別 10%)
*昼、夜、それぞれのメニューで提供
*要予約 (前日まで 1名から)

 

お品書きや料理ごとの糖質量が記載された表はありませんでした

 

 

 

花咲ガニ

2013-0805-124111420

 

 

 

 

 

2013-0805-124115771

 

 

 

 

 

青々とした葉に盛られた綺麗な一皿です

花咲ガニとは、知る人ぞ知る、通の間では有名なカニです
根室などごく限られた場所でしか採れないとの事

東京で頂けるのはとても珍しいそうですが、
こうした食材がサラッと出されるのが凄いですね

タラバガニをギュッと小さくしたような、ゴツゴツした種類のカニです
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%8A%B1%E5%92%B2%E3%82%AC%E3%83%8B&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=TkX_UcacDY7xlAWi-4H4Ag&ved=0CDoQsAQ&biw=1366&bih=677

 

 

 

冬瓜と鱧のお吸い物

2013-0805-124709210

 

 

 

 

 

 

 

お造り

2013-0805-130141828

 

 

 

 

 

2013-0805-130202094

 

 

 

 

 

 

 

 

無花果とサツマイモの炊いたもの

2013-0805-131019982

 

 

 

 

 

 

 

 

小鉢
胡瓜の胡麻和え、トマトとじゅんさい、のどくろ焼き、お麩

2013-0805-131901163

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎の塩焼き 蓼酢

2013-0805-132658546

 

 

 

 

 

 

 

 

トウモロコシのスープ

2013-0805-133549998

 

 

 

 

 

 

 

 

茄子と万願寺唐辛子の揚げ出汁

2013-0805-133929096

 

 

 

 

 

 

 

 

梅粥

2013-0805-134512407

 

 

 

 

 

 

 

 

子夏ゼリー

2013-0805-135303402

 

 

 

 

 

高知県の子夏
地域によっては、日向夏とも呼ばれます

碧の器にも良く映える夏らしいデザートです

 

落ち着いた雰囲気で、シンプルな和食を頂く事が出来ました

お店の方に伺った所、
本日頂いた低糖質ランチの糖質合計量は35~36g程度だそうです

 

茶室の凛とした佇まいやシンプルな味付けと盛り付け
主張し過ぎず、それでいて、存在感を示す器の選別

見えない所に計算しつくされた 『和』 が感じられた割烹でした

 
特に、女性にとっては高感度のお店だと思います

 

通常提供するメニューも低糖質コースとさほど変わらないようです
次回は、自家製の和菓子や羊羹も頂いてみたいです

 

青草窠(せいそうか)
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13090635/

 

低糖質レストラン 無糖派ダイニング「ひさ家」 兵庫県西宮市

兵庫県西宮市 明和病院の本館5階にある無糖派ダイニング 「ひさ家」 では、
『不要な糖質は摂らないお食事プラン』 を提案しているそうです。
http://www.mutoha.jp/dininghisaya/

 

CapD20130804_2

 

 

 

 

 

 

“生活習慣病の源となる糖質のコントロールがとても大切である” とし、
・ゼロモーニングセット (糖質ゼロのふすまパン)
・日替わりゼロセット
・日替わりゼロ弁当
などのメニューを展開しています

 
ダイニングで提供されるメニューの殆どに糖質量が記載されているので
注文する際の目安になって良いですね

 

一般病院の食堂に、糖質制限の概念が持ち込まれ、
その意義が、主流の医療界に認識されている事が素晴らしいと思います

 

糖質制限を実践中の患者さんが、入院中の食事に困っているというのは
夏井睦先生のブログ でも紹介されていますが、
糖質制限への是非は兎も角、患者にとっての選択肢が増える事実は歓迎すべき事と捉えています

 

医療法人 明和病院
http://meiwa-hospital.com/